拷問テスト見学について −レノボ・ジャパン 大和事業所見学会 4

担当者の方々のThinkPad開発におけるトークが終了し、 いよいよ次はトーチャーテスト見学。 座席の列毎に3つの班に分かれて各施設を回ります。(私はC班でした)
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像29
見学中に通ったこの通路には歴代のThinkPadを展示(ページ下に写真掲載)
このトーチャーテスト見学は、一方では拷問テストとも呼ばれており、 様々な振動・衝撃・環境に対するThinkPadの耐久性や、電磁波、静音性に関しての テストを行うというもの。 そのテスト内容は、ThinkPadにとってはまさに拷問と呼ぶに等しく、 圧力をかける・落とす・揺らすなどとマシンにとっては非常に過酷なものでした。
撮影が行えなかったのは非常に残念なのですが、 普段ならばまず見る事のできない特殊な装置や施設の見学は、 とても刺激的な体験となって心に残っています。
そういうわけで、思い出せる限りの事について触れてみようと思います。 (記憶が前後している為、順不同)
■耐久試験
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像30
歴代のThinkPadの数々 2
私がいたC班は一番最後に会議室を出発。 セキュリティロックのかかったエレベータや廊下を移動し、 始めに向かったのはThinkPadの耐久性などをテストする試験室。 見慣れない機器が沢山ある中、前方を見ると開いたり閉じたりを延々と繰り返している ThinkPadのディスプレイの姿がありました。
ノートPCのディスプレイを開く際、人によって開き方に様々な癖がありますが、 液晶の片側(左上や右上)を持って開閉するというような事を、 何度も繰り返していると液晶のその部分に無理な力がかかり、破損の原因にもなります。
そこで、そのようなストレスへの耐久テストを行う専用の機器により、 長時間に渡ってThinkPadのディスプレイの左上、若しくは右上を固定した状態で開閉を繰り返すのだそうです。
その他にも、閉じた状態のThinkPadに外部から圧力がかかるシーンを想定し、 その圧力に対する耐久性をテストする機器などもありました。 この加圧テストですが、ただ単純に外部から圧力をかけるのではなく、 「ThinkPadの天板全体に圧力がかかった場合」「局所的に圧力がかかった場合」 などというように、幾通りもの場面を想定したテストを行っています。
(そこで、一緒に回っていたC班の中の1人の方から「買ったばかりのThinkPadに、母親が誤って 手をついてしまい破損した」との声が・・どの程度の圧力がかかったのかは不明ですが、 そのようなことを出来る限り少なくする為に、このようなテストが行われるんですね。)
■音響試験
会社や昼間の使用ならばともかく、静かな場所で使用すると意外に気になるのがマシンの動作音。 通常の場所では、周りの環境に左右されて正確な値は得られない為、 特殊な施設を使用してThinkPadから発生する動作音を測定します。
この施設というのがまた大掛かりなもので、「半無響室」「残響音室」という 部屋を使用して行います。
半無響室という施設はかなり広く、周囲の特殊な壁が音を吸収してしまうために、音が全く響きません。 残響音室はその逆で外部に音を逃がさない仕組みとなっています。
始めに入った半無響室は、入った瞬間耳がおかしくなってしまったのかと思うほど静か。 声を発すると聞こえはするのですが、すぐに壁に吸収されてしまいます。 (長時間、この部屋に1人で居るのはきついかもしれません) 残響音室では発した音が反射しやすい構造となっており、 説明する声がいつまでも響いている為に、かなり聞き取りにくかったのを覚えています。
どちらの部屋も、中央に置かれたThinkPadを取り囲むようにしてマイクを置き、動作音を測定します。
■衝撃試験
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像31
歴代のThinkPadの数々 3
ここでも特殊な機器を使用し、衝撃に対する耐久性をテストします。 複数あったのであまり細かくは覚えていないのですが、 行われていたテストの内容は、まさに「拷問」と呼ぶに相応しいもの。
「落下テスト」一つをとってみても、日常で起こり得る様々な状況を想定し、再現します。 例えば、マシンの各面からの落下に対する衝撃試験、各角側から落下した場合の衝撃への耐久試験、 他にも外部から圧力がかかった状態で振動し続ける事に対する耐久試験など・・
中には衝撃を与える際に、驚くほど大きな音で叩きつけるようなものもありました。
あと、ThinkPadにはハードディスク・アクティブプロテクション・システムという機能が搭載されています。 アクティブプロテクション・システムとは、衝撃や落下などをセンサーが察知し、HDD上でデータを読み書きしている ヘッドをディスクの外へ退避させる機能。不意に受けた衝撃などでディスク面とヘッドが接触し、 ディスク面が破損してデータが壊れてしまうのを防ぎます。
しかし、この機能が作動する前に衝撃を受けてしまった場合、ハードディスクが破損してしまう 事も考えられる為、同様な場面を再現してハードディスクが正常に作動するかどうか、 といったテストなども行っていました。
勿論、これらの試験は1度や2度ではなく、何度も繰り返して行われます。
そして、上記の他にも電波の状態を測定する施設や、過酷な環境(温度や湿度)への耐久性をテストする施設 など、ThinkPadが可哀相になる位数多くのテストが行われています。
もしも自分のPCが、行われているテスト内容と同じような状況に陥ったとしたら、 ますHDDは完全に無傷ではないだろうと半ば諦めるでしょう。 しかし、そのような悲惨な状況にも耐える事のできる、より信頼性の高いクオリティを常に目指し続けるのがThinkPad。
このトーチャーテスト見学では、日常ではまず目にする事の出来ない様々な 施設を訪れ、いかにThinkPadが耐久性において信頼できる品質であるかを 確信する事が出来たように思います。
・・この後、「ThinkVantageテクノロジーについて」や、「質問タイム」 があったのですが、この辺でかなり疲れてきていたのもあってか、細かな部分の話を 思い出すことができません。
なので、次回は最後になりますが、 見学会のまとめと感想、ThinkPadについて思うことなどを書く予定です。
※当サイト上に掲載している 製品や技術の説明、名称・情報などについては、 更新などのタイミングなどにより、正確ではない場合がございます。 掲載された情報を利用される際はリンク先サイト「 レノボ・ジャパン 」に記載された情報をよくお確かめ下さいますよう お願い申し上げます。当サイト上に掲載された情報を利用する事により、生じた損害等には一切責任を持ちません。
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像32
見学途中に通った長い通路には、歴代のThinkPadがずらり。 試験室の撮影は不可でしたが、この場所に関してだけは許可が出ました。
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像33
沢山あったため、全てを撮影する事はできませんでした。
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像34
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像35
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像36
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像37
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像38
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像39
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像40
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像41
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像42
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像43
本当に長い廊下です。施設内はカードキーが無くては動けないのですが、 とても広いためロックがかかっていなくても、方向音痴の私は迷子になるに違いないと思いました。
2007.07.12 Thursday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | - | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/388
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.