レノボ・ジャパン 大和事業所見学会のまとめ 5

レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像43
2007年7月6日に開催された、レノボ・ジャパン 大和事業所見学会。
新レノボ(IBMのPC事業と統合したレノボ)の紹介から始まり、 ThinkPad T61やThinkPadのキーボードにおける開発の秘話、 一方では拷問テストとも呼ばれているトーチャーテスト見学他、 予定していた時間を1時間近くオーバーしたにも関わらず、あっという間に 終わってしまった感のある数時間でした。
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像44
前にも述べたとおり、私はThinkPadのユーザーでは無い為、 現行のモデルが以前のマシンからどのように変わったのかという事や、 担当者の方々とユーザーの会話の中にも出ていた「放熱に関する設計」への取り組みについてなどの話には、 正直着いて行く事が出来ませんでした。
ただ、ThinkPadのファンであるユーザーの方々は、既にThinkPadの良い点を充分に理解し、 マシンが他社のそれよりも優れている(※注)と感じているからこそ使い続けるのであって(と私は 思っています)そのThinkPadの良さや優れている点を、他のThinkPad非ユーザーへ 広めていくべきだとも述べていました。
担当者の話の中でも説明があった「Hoverデザイン(マザーボードを内部で浮かせたような 状態にする事で、本体への振動や圧力がかかった際に発生する、ねじれなどの ストレスを緩和させる構造)」や「アクティブ・プロテクション・システム(衝撃などをセンサー が感知し、ハードディスク上のヘッドをディスク面から退避させる)」他、 そういったシステムや構造については、以前より個人的にもとても興味があり ウェブ上で詳しい情報を簡単に得られる為、良く目を通していました。
安心して持ち運び使用できる事(堅牢性)、快適な使い心地である事(キーボードや無線LANなどの機能)、 その他にも沢山ありますが、それらについての拘りや取り組み、 また他とどう違うのかという事については、今回の話で私なりに理解できたと思っています。
※優れている、という表現の仕方はしっくりこないので注釈しておきます。 担当者の話の中に出ていたのですが、「軽量」という点だけを見ると、現時点では某社 のマシンに多少劣っています。しかし、マシンはただ軽ければ良いというものではなく、同時に 様々な外部からの圧力や衝撃に耐えうる「堅牢性」を持ち合わせていなくてはなりません。 軽くしようと思えば簡単に出来るそうですが、それを優先してしまうと失くすものが 余りにも大きい為、今後も「軽量化」だけを優先させる事はないと言っておられました。
ThinkPadの開発に携わる方々のそういった姿勢と、それを形にしたThinkPadが、 他社のものよりも信頼できると感じているからこそ、ThinkPadを長く使い続けているのだと思いました。
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像45
ただ、一般的にみて開発者の方々が自社の製品に自信をもっているのは当然だと思います。 その為製品の説明会や、私たちが普段情報を得る事ができるウェブや広告などでは 製品の説明や長所などが語られ、 それを耳にした私はその部分だけをクローズアップして製品を過大評価してしまう傾向が少なからずあります。
多少他の部分で気になる所があっても、「この部分が良いのだから」と目をつぶってしまいがちになるのです。
様々な製品の資料などを目にするたびに、その良さに惹かれて欲しくはなるけれど、 実際のユーザーの評価等を調べると、案外評判が良くない。 結局、良い事ばかり並べて、弱点と思われる部分を見えなくしているだけなのか? と思わざるを得ないものもあるようで・・
そういう点では、トーチャーテストが信頼できる品質への実際の理解を深める大きな役割を果たしたと感じています。
レノボ・ジャパン大和事業所見学会 画像46
製品の良い部分や情報は見えやすい位置にあって当然なので、逆に改善するべきところはどこなのか・・ という事を念頭に置きながら見学会に臨んだつもりでしたが、 途中ですっかり忘れて話に惹き込まれていました。
(参加者の方々から出ていた要望や、改善すべき点などの指摘に対しては 担当者の方々も認めておられました。そして常に良いものを作るべく、それらの問題に対し取り組んでいるという事も)
今回担当者の方々の話や資料から得た情報以外に、 やはり実際に触ってみない事には判らない事が沢山あると思います。 今現在私はThinkPadを深くは知らない為、そういった事柄に関しての評価をする事は出来ませんが、 マシンの買い替えの時期が来たらThinkPadを購入するかもしれません。(まだ未定ですが、 他に余程のものが出ない限り買い換え時にはThinkPadが欲しい)
余談ですが、家には一台某社のノート(今回良く話に引き合いに出されていた、軽量でおなじみの)があります。 私が普段仕事で使用しているものではありませんが、やはりとても軽く扱いやすいです。
Vista登場後、各社から新商品として複数のラインアップが発表されるたび、 何度か新しいノートをサブマシンとして購入しようと検討したのですが、 欲しいと思ったものはバッテリーの持ちや重さなどで納得がいかず、今に至ります。 やはり持ち歩く事を考えると、軽さとバッテリーの持ちはとても重要です。 という事で、もう某社のマシンを購入しようかどと考えたりもしていたのですが・・
現時点ではThinkPadは、軽さの面でほんの少し某社のマシンに負けてはいるのですが、 トーチャーテストで見たThinkPadの衝撃的な姿は、軽さにも大きく勝るものです。 レノボ・ジャパン さんには、実際にThinkPadに触れる機会をもっと気軽にもてるように していただけると嬉しいと思っています。
そしてThinkPadユーザーでは無い方に、今回見学会で見聞きしてきた事に対する私の意見 が参考になればよいと思います。
今回は参加させていただき、本当にありがとうございました。 運が良ければ、次はThinkPadユーザーとして見学会へ参加したいです。
※当サイト上に掲載している 製品や技術の説明、名称・情報などについては、 更新などのタイミングなどにより、正確ではない場合がございます。 掲載された情報を利用される際はリンク先サイト「 レノボ・ジャパン 」に記載された情報をよくお確かめ下さいますよう お願い申し上げます。当サイト上に掲載された情報を利用する事により、生じた損害等には一切責任を持ちません。
2007.07.17 Tuesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | - | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/389
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.