Lenovo3000の後継モデル「Thinkpad SLシリーズ」

Thinkpad SL300
2008年7月、及び8月に販売が開始された「Thinkpad SLシリーズ」。
「Thinkpad SL」は、今回のThinkpad新製品説明会で紹介されたマシンの中では、 「中小企業・SOHO向け」という位置付けがなされた比較的低価格なモデルを揃えたシリーズで、 Lenovo3000シリーズの後継機に当たります。
(当記事は、2008年8月に行われたThinkpadの新製品説明会での内容を元に作成しています。 一番はじめの記事はこちらです。)

Lenovo3000は、Thinkpadブランドとはまた違ったタイプの製品で、 Thinkpadと似た要素を持ちながらも、Thinkpad特有のHDD保護機能やトラックポイント 等は備えていない最廉価のモデル。
ThinkPad SL300 トップカバー
トップカバーのロゴ。「i」の赤丸部分が点滅する仕様になっています。
ですが、今回Lenovo3000がSLシリーズとしてThinkpadブランドに統一された事により、 Thinkpadならではの数々の機能(HDD保護機能・トラックポイントなど)が搭載され、 デザインにおいても同じく、 ThinkPadのロゴを載せた光沢のある黒いトップカバーが実装されています。
価格帯としてはLenovo3000よりも少し上かなとも思いますが、 Centrino2を採用しHDMIポートを搭載するなど、内容的にもコストパフォーマンスは高く、 Thinkpadとしての特徴を備えながら必要な機能だけを搭載したこのシリーズの登場によって、 以前よりも手軽にThinkpadを導入する事が出来るようになったのではないかと思っています。
現時点(記事作成時)では、13.3型ワイド液晶を搭載する「SL300」をはじめ、 14.1型ワイド液晶の「SL400」、15.4型ワイド液晶の「SL500」の計3モデルが 販売されており、中には指紋センサーやBlu-rayドライブを搭載するモデルなども用意されています。
このようにThinkpadブランドとして、より幅広いユーザーのニーズに応えるモデルの登場は喜ばしい事でもあるのですが、 一方では批判的な意見も出ているようです。
Thinkpad SL30 キーボード
Thinkpad T400 キーボード
上がThinkpad SL300、下がThinkpad T400のキーボード。 小さくて判り辛いですが、レイアウトが異なります。(ページ下部にサイズの大きな画像を掲載)
理由としては、Thinkpad SLに搭載されているキーボードは、従来のThinkPadならではのものと同じではないという事、 またこの最廉価モデルが「Thinkpad」の名で世に広まる事はどうなのか、 さらにはThinkpad SLを購入したユーザーが、これが従来からのThinkpadなのだと勘違いしてしまうのではないか等..etc..
ちなみにSLシリーズが劣ると言っているわけではなく、 Thinkpadとしてのブランドを好んで長年使用しているユーザーから見ると、 従来のThinkpadではないモデルがThinkpadとして登場してしまったようにも見えるのかもしれません。
でも確かに、キーボードにここまで拘ったメーカーは他にはまずないと断言できる程、 拘りのあるキーボードをもったThinkpadならではの魅力が、SLシリーズでは生かされていないというのはどうなのか・・
・・Thinkpadユーザーとしての年月はまだ非常に浅い私ですが、 大和事業所で技術者の方より聞いたキーボードの話に深い感慨を覚えていた自分にとっても、 その言い分は納得できるものだと思います。
ただ、これに関しては社内でも色々と批判的な意見が出たのだそうで、 一企業のマーケティングとしての面を考えるとこういった方向へ進むのもよく解るのですが、 Thinkpadの魅力・優れた点を一番良く知っている技術者の方々にとっては、もっと複雑な想いがあるのかもしれません。
ThinkPad SL400
ちなみに以前から思っていたのですが、レノボの社員の方々はThinkpadに対して絶大な自信を持っておられます。
(社員だから当然では・・)と思う方もいると思いますが、 手持ちのマシンは自分の勤めているメーカー製のものではない・・という人も結構います。
IBMの時代より、Thinkpadは良いよと他メーカーに勤める知人に聞いていたのですが、当時Thinkpadの性能をよく知らなかった私の目には、 全体的に割高なマシンのメーカー・・としか映っていませんでした。 (今思うともう少し早く調べていれば良かったな・・と思います)
ただThinkpadは、簡単な用途にしかPCを使用しない・・性能はそこそこで安さ重視・・ という友人には少し勧めにくく、そういう意味では価格を抑えた「Lenovo3000」や今回の「SLシリーズ」 の登場によって、対象とするユーザーの幅が広がったという事にもなるのでしょう。

長く(しかも遅く)なりましたが、今回のレポートはこの記事で最後となります。
本当は、当日会場に展示されていた「 ThinkCentre M57 Eco Ultra Small 」についても細かく書きたかったのですが、時間の都合で出来なさそうです。
ちなみに現時点ではノートのThinkpadばかりが目立ってしまっていますが、 デスクトップのThinkCentreもデスクトップ購入を検討している方には、是非お勧めしたいモデルです。 (キャンペーンなどの時期を上手く利用すれば、 驚く位安いです。社員の方にも、あまりの安さに購入した方がおられたとか・・)
レノボ・ジャパン のウェブサイトにおいても現時点ではノートの露出の方が高い(記事作成時)のですが、後々様子を見ながら 徐々にデスクトップの露出を高めていく事も考えているそうです。
最終的にはノートとデスクトップの割合を半々にしていきたい、などともおっしゃられていました。
本体、及び本体内部の写真は何枚か撮らせていただいたので、またいずれ書くと思います。
長い文章、最後までお読み頂きまして有難うございました。
Thinkpad SL300のキーボード
Thinkpad SL300のキーボード。下のT400のものとはレイアウトが異なります。
Thinkpad T400のキーボード
Thinkpad T400のキーボード。
Thinkpad SL300
Thinkpad SL300です。
※当サイト上に掲載している 製品や技術の説明、名称・情報などについては、 更新などのタイミングや当方の思い違いなどにより、正確ではない場合がございます。 掲載された製品情報を利用される際はリンク先サイト「 レノボ・ジャパン 」に記載された情報をよくお確かめ下さいますよう お願い申し上げます。当サイト上に掲載された情報を利用する事により、生じた損害等には一切責任を持ちません。
2008.09.16 Tuesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | - | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/558
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.