USBメモリ「CruzerMicro」 U3利用の詳細とメリット

前の記事では、U3やRB(ReadyBoost)に対応しているUSBフラッシュドライブの「 CruzerMicro(4GB) 」について書きました。
このフラッシュドライブが対応しているというU3とは、日頃良く使用するアプリケーションのデータを USBドライブに格納しておく事により、オフィスやネットカフェなどのPCであっても それらのアプリケーションを安全に実行する事が出来るというプラットフォームの事をさします。 (前記事参照)
U3設定ウィザード
U3規格に準拠したUSBフラッシュドライブをコンピュータに接続するだけで 上のようなプログラムのウィザードが自動起動するので、 特に自分で何かを設定しなくてはいけないという事はないのですが、 以下、U3ランチパッドでの設定画面などの詳細を掲載してみました。
上に掲載した画像のダイアログでは、U3に関するビデオを参照したり、 接続したUSBフラッシュドライブをどのように使用するのかを選択する事が出来ます。
単にストレージとして使用したい場合は「いいえ」を選択しますが、 ドライブにU3を保存したとしても通常のフラッシュメモリとして使用する事ができます。
U3設定ウィザード
プログラムをドライブにインストールする場合、どのプログラムをインストールするのかを 選択する事ができます。 なお、プログラムはどのようなものでもインストールできるというわけではなく、 U3対応のもののみに限られています。
U3設定ウィザード
U3設定ウィザード
U3設定ウィザード
例えばFirefoxやThunderbirdといったブラウザや電子メールソフト、Open Office、パスワードマネージャー、ゲーム他、 はじめのウィザードで選択できるものはフリーソフトのみとなっていますが、 U3ランチパッドのプログラムの追加ボタンより、オンラインで様々な種類のU3プログラムを 探す事ができます。これらのプログラムは後からでもインストール可能です。
U3プログラムにはフリーのものもありますし、もちろん有料のものあります。 私は少ししか目を通していないのですが、上記以外にも数多く公開されているようです。
サンディスクのウェブサイトでは、「U3スマート」プログラムの推奨リストが公開されています。
U3設定ウィザード
最後に選択したプログラムをインストールします。
今後は、USBフラッシュドライブをPCに接続するたびに、
下の画像のようなU3ランチパッドが自動起動します。
U3ランチパッド
この設定画面では、新たにプログラムのダウンロードやインストールを行ったり、 U3ランチパッドの更新や起動の設定、パスワード保護オプションの設定などを行う事ができます。
ランチパッドの設定画面は、タスクトレイに収納されたU3ランチャーのアイコンをクリックする事で、 いつでも開く事が出来ます。
U3ランチパッド
パスワードを設定してセキュリティを有効にすると、 ランチパッドが起動するたびにパスワードの入力を求められます。 当然ですが、パスワードを忘れてしまった場合、 再度U3を利用できるようにするにはフォーマットするしか方法がありませんので 注意が必要です。
なお、このUSBフラッシュドライブは、コンピュータ上では CD-ROMドライブ(U3システム)とリムーバブルドライブといった2つの ドライブとして認識されているので、 片方のドライブには通常のフラッシュメモリと同じ様にデータの読み書きが行えます。
また、USBドライブからU3ランチパッドを削除してしまった場合でも、 サンディスクのU3ウェブサイトで公開されているインストーラを使用する事で、 U3ランチパッドをドライブに再インストールする事ができるようです。(未確認)
U3の利用法とメリット
オフィスでもネットカフェであっても、 使い慣れた自分のPC環境を持ち込んで安全に作業が出来るU3のプラットフォーム。
ただ使用した事のない方には、 アプリケーションを持ち運ぶといっても具体的にどういった利用法があるのか、 少しイメージしづらいかもしれません。
例えば・・
日頃良く使う基本的なものといえば、メーラーやブラウザ。
上の方にも書きましたが、 U3では、firefoxやThunderbirdなどのフリーのソフトウェアが幾つかプリインストールされています。
このU3で起動させるソフトウェアは通常のものとは異なり、 firefoxならば「Mozilla Firefox for U3」というU3に対応したソフトになります。
とは言っても、インターフェース自体は普段使用しているfirefoxと何ら変わりなく、 自分のブラウザのブックマークなどを登録したfirefoxをドライブにインストールしておけば、 いつでもどこでも普段と同じ環境のWebブラウザを使用できることになります。
もちろん、PCからUSBフラッシュドライブを取り外せば、 履歴やクッキーなどの痕跡はPCには一切残りません。
その他にも、USBドライブ側とPCのデータを同期するソフト(CruzerSync/無料)や、 ウイルスソフト、多機能エディタなどの数多くのソフトが公開されており、 外部のPCを頻繁に使用するという方にはとても便利なシステムだと思います。
CruzerMicro
・・色々書きましたが、 実は私自身はU3に対応しているからこの「 CruzerMicro(クルーザーマイクロ) 」を購入したのではなく、ただ単に、安くて購入した4GBのUSBフラッシュドライブが たまたまこの機能に対応していたただけなんです。
普通にデータを読み書きする用途の為に購入したのですが、 興味本意でU3を利用してみた所、思っていたよりも高機能で便利だという事を実感しました。
で、他にも色々種類があるようだとメーカーのサイト等を見たりしていたのですが、 製品によってかなり価格に差があるようで・・
私が購入したのは海外仕様の簡易パッケージの安物なんですが、 U3ReadyBoostに対応した4GBの USBフラッシュドライブが998円でした。
まあ、私が購入したものにはきちんとした日本語の説明書や付属品が付いていないので、 価格相応といえばそうなのかもしれませんが、付属品も説明書も必要のない私にはこちらで十分です。 (内容を考えると十分過ぎると思います。ちなみに今回購入したのは 夏黎というショップ。 パッケージや付属品に拘らない方にはお勧めです)
ただ、ひとつ残念な事・・・
今回購入したのは4GBの容量を持つドライブだったのですが、 使用してからもうひとつ上の大容量(8GB or 16GB)のものを購入すればよかったと思いました。
この CruzerMicro(クルーザーマイクロ)U3だけでなくReadyBoostにも対応しているのですが、 ストレージとして利用しながらReady Boostの機能も利用するとなると、 4GBでは心許無いのです。
ReadyBoost機能も利用するつもりではなかったのですが、 こちらも試しに利用してみた所、自分が思っていたよりも快適だったので・・
ちなみに、ReadyBoostはVistaで提供されている機能ですが、 この機能をXPで使用できるようにするソフトウェアがあります。 私はVistaとXPを両方使用しており、どちらかというとメインPCはXPの方なので、 ReadyBoostに関しては余り興味を持っていなかったのですが、 もっと早くReadyBoostの快適さに気付いていればよかったと思いました。 (ReadyBoostについては、当サイトの記事内の「Intel Turbo Memoryとは」の項で簡単に触れています)
そういうわけで、また後程の記事で「XPでReadyBoostを使用可能にするソフトウェア」の紹介をしようと思います。
U3対応 USBフラッシュドライブ CruzerMicroを検索
その他のU3対応 USBフラッシュドライブを検索

・メモリー&SDカードの専門店「 夏黎
 (上記の製品はこちらのお店で購入しました)
※当サイト上に掲載している 製品や技術の説明、名称・情報などについては、 更新などのタイミングや当方の思い違いなどにより、正確ではない場合がございます。 掲載された製品情報を利用される際は、製品の販売サイト に記載された情報をよくお確かめ下さいますようお願い申し上げます。 当サイト上に掲載された情報を利用する事により、生じた損害等には一切責任を持ちません。
2009.09.07 Monday | USB/マザーボード/マウス他【周辺機器】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/561
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.