XPでReadyBoost ソフトの起動を高速化する「eBoostr」

「ReadyBoost」とは、Window Vistaに搭載された高速化の為の技術。
HDDの代わりにUSBメモリをキャッシュ領域として使用する事で、 HDDへのアクセスを軽減してマシンを高速化する事ができる機能の事です。
VistaのReadyBoost
Vista リムーバブルディスクのReadyBoostの設定
環境にもよりますが、ReadyBoostを使用すると通常よりも動作が快適になるため、 ノートなどメモリ増設ができないPCなどには特に有効な機能です。 (メモリの増設が行えるのなら、その方が効果的ですが)
しかし、このReadyBoostはWindow Vistaに搭載された新機能の為、
当然XP以前のOSでは使用する事ができません。
ですが、その不可能を可能にしてくれるツールがあります。
それが「eBoostr」というソフトウェアです。
この「eBoostr」では、USBメモリ内にソフトウェアのキャッシュファイルを予め構築 しておき、ソフト起動時にはそのキャッシュファイルからプログラムを読み込みます。
USBメモリやキャッシュの内容にもよりますが、 アクセスの遅いHDDに代わってUSBメモリからファイルを読み込ませるので、 断然ソフトの起動にかかる時間は短くなります。
結果としてマシンの動作が高速になるのです。
ある程度高速なUSBメモリを用い、USB2.0を使用するなど いくつか条件を揃える必要がありますが、 マシンのメモリ増設が出来ない場合などにかなり役に立つソフトウェアだと思います。
ちなみにこのソフトはシェアウェアで、日本公式サイトもしくはVector(→ eBoostr 3 Professional 日本語版 )などで購入する事ができますが、 公式サイトでは機能を限定した体験版が公開されているので、 興味ある方はとりあえずそちらで試してみるのが良いと思います。
参考までに、以下に体験版導入の詳細を掲載してみました。
eBoostr 日本公式サイト
eBoostrの日本公式サイトにある試用版のダウンロード画面。
現時点では、バージョン3がリリースされています。
試用版は使用日数には制限がありませんが、 使用できるのはシステム起動後4時間まで。再起動すればまた4時間の使用が可能です。
私自身は一日中PCを使用している事が多いので、4時間の制限は結構不便なのですが、 日頃長時間PCを使用しないのであれば、製品版でなくても十分なのではないでしょうか。
eBoostr

eBoostrセットアップウィザード
プログラムの実行ファイルをダウンロード後、セットアップウィザードを完了しました。 完了後、再起動します。
eBoostr
再起動すると自動的に登録画面が立ち上がります。
製品を購入するので無ければ「続ける」をクリックします。
eBoostr
初回起動確認のダイアログで「いますぐキャッシュデバイスを有効にしますか?」 と表示されるので、「はい」をクリックします。
eBoostr
デバイスの追加を行います。
デバイスの選択でUSBメモリのドライブを選択し、 キャッシュに使用するサイズを指定します。(後の管理画面から変更可能)
なお、使用するデバイスにシステムメモリを指定する事もできます。 PCのメモリに余裕のある方は、こちらを指定するのがおすすめ。 著しくパフォーマンスを向上させる事ができます。
USBメモリが最大で5倍読み込み速度を向上させるのに対し、 システムメモリはなんと最大で50倍も読み込み速度が向上します(eBoostrの解説による/ メモリサイズを指定する際の目安は、PCに搭載されているメモリの1GB以上の部分。1.5GBなら、0.5GBという事です。 あまりこちらにメモリを割き過ぎると、マシンのメモリが不足して不安定になってしまうので注意。)
この後「今すぐキャッシュを構築しますか?」というダイアログが出るので、 「いいえ」を選択してください。

eBoostrコントロールパネル
eBoostrのコントロールパネルです。
下部に先ほど指定したドライブの状態が表示されます。
さらにドライブを追加したければ「追加」、削除する時は「削除」をクリック。 キャッシュ用デバイスは最大4種まで指定できるようです。
eBoostrコントロールパネル

eBoostrコントロールパネル
コントロールパネルより、上画面のようなキャッシュするファイルの除外設定や アプリケーションの優先リストを作成できます。 (例えばテキストファイルや画像ファイルなど、あまりキャッシュしていても意味の無いものは 除外設定で拡張子を指定)
これらは特に設定していなくても、eBoostrの方で勝手に 頻繁に使用するアプリケーションやファイルを学習していきますが、 より効果を高めたければ指定した方が良いと思います。
その後、コントロールパネルの「キャッシュの構築」で、 キャッシュ構築を行ってください。 キャッシュの内容は、「編集」→「キャッシュ内容の表示」から見ることができます。
eBoostrアイコン
なお、コントロールパネルは タスクトレイのアイコンをクリックする事で呼び出す事ができます。
体験版では4時間が経過すると終了を通知する旨の画面が表示され、 製品を購入しない場合は終了してしまいますが、 PCを再起動させれば再度4時間まで使用する事ができます。
コントロールパネルにはスピード測定機能などのメニューもあるので、 どの程度高速化されたのかを確認する事もできます。 (CrystalDiskMark 等のベンチマークソフトで測定してみるのも良いでしょう)
自分の使用感としては、特に重たいアプリケーションの起動は確実に早くなったと感じます。
元々メモリを十分に積んだPCの場合だと、あまり実感は得られないかもしれませんが、 搭載メモリの上限が低く、メモリ不足に陥りやすい古いPCなどでは かなり効果を体感できるのでは?
しかし私が思うにソフトを購入する場合、PCの内容にもよりますが、 拡張メモリの増設をした方が結果的にはコストパフォーマンスが良いかなと・・
ある程度の容量のメモリを搭載できるのなら、 「ソフト(約4000円)+USBメモリ」などのデバイスを用意するよりも、 メモリの追加をした方が確実かなと思ったりします。
もちろん使用する環境によって全く使用感が異なるでしょうし、 劇的に効果があるという方もいるようなので、あくまでも私の意見です。
上に書いたようなメモリの増設が不可能なマシンや、 メモリに余裕があってその空きメモリ利用できるような場合、 ソフトを購入しても十分元は取れると思えるくらいの効果が出るのかもしれません。
私自身は、当分はフリーの体験版を使用し続けてみようかなと思っています。
eBoostr 3 Professional 日本語版
eBoostr 日本公式サイト

※記載の情報は構成や時期によって変わる為、参考程度にお願い致します。
※製品の性質上、不具合が起こる可能性もあります。
※当サイト上に掲載している 製品や技術の説明、名称・情報などについては、 更新などのタイミングや当方の思い違いなどにより、正確ではない場合がございます。 掲載された製品情報を利用される際は、製品の販売サイト に記載された情報をよくお確かめ下さいますようお願い申し上げます。 当サイト上に掲載された情報を利用する事により、生じた損害等には一切責任を持ちません。
2009.09.10 Thursday | ソフトウェア | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/563
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.