HP TouchSmart tx2 タッチ&ツイスト・メモリ8GBまで可/製品レビュー

HP TouchSmart tx2 冬モデル
先日の日本HPの新製品説明会、及びイベントで試用してきた、PC製品冬モデルのご紹介と感想です。
今回レビューを行うマシンは「 HP TouchSmart tx2 冬モデル 」。
これはマルチタッチ機能を搭載し、ディスプレイのツイストが可能になった個性的なPCで、 私自身は必ずしも必要ではないのですが、面白いのでいいなあ・・なんて思っているモデルです。
HPの方がおっしゃるには、この製品は学生に非常に人気のあるモデルだそうで、 その理由として、手書きで書いた文字をアプリケーション上でフォントとして認識させる事が 可能だからとか。
PCに登録されていない文字や記号なども、手書きなら書き留めておく事が可能な為、 講義などでノートをとったりする時に非常に便利だそうです。
で、このtx2の冬モデル、もう現在(2009.10.19)既に HP Direct にて予約販売が始まっています。
正確な製品スペックや機能などの詳細、価格などについてはそちらを見たほうが早いのですが、 とりあえずここでは主要なスペックと製品についての感想やコメント、実機の写真などを、 「主要なスペック・特徴」、「実際に触ってみる」 という項目に分けて掲載してみようと思います。
※カスタマイズ価格を知りたい場合は、 tx2 のページより見積もる事ができます。

このページのトップへ

HP TouchSmart tx2 冬モデル 主要なスペック・特徴

HP TouchSmart tx2 冬モデル
マシンのデザインはutakata
前回の秋モデルではオンラインと量販店、両方で販売されていたこのシリーズですが、 今回冬モデルとして販売されるtx2 はダイレクト専用モデルのみ。
12.1インチワイド液晶(1280×800)を搭載するこの マシンにはCPU違いの2モデルが用意されており、 一つはAMD Athlon X2デュアルコア QL-65(1MB L2/2.1GHz/3600MHz HT)、 そしてもう一つにはAMD Turion X2 Ultraデュアルコア ZM-85 (2MB L2/2.3GHz/3600MHz HT)を搭載しています。
また、OSにはWindows 7 Home Premiumの64bit版を搭載しており、 メモリを8GBまで増設する事ができます。(メモリスロットは2)
※64bitというと、対応していないものだと動かない・・なんて少し前までは思われていましたが、 最近のアプリケーションやハードウェアは64bit対応しているものが多く、 メモリを多く活かす事の出来る64bit版は、デメリットよりもメリットの方がはるかに大きいでしょう。
そしてチップセットはAMD M780G(ATI Radeon HD 3200を内蔵)を搭載。 ビデオメモリはメインメモリと共有で、 メモリ2GB搭載の場合、最大958MB、4GB搭載の場合は最大で1982MB割り当てられます。
HDDは250GB、500GB(SATA/7200rpm)から選ぶ事ができ、 着脱式DVDスーパーマルチドライブ(ウェイトセイバー付属)、ウェブカメラ等も搭載。
バッテリ駆動時間は6セルバッテリ使用時は約3時間、8セルだと約5時間。
※ウェイトセイバーとは、着脱式のドライブを取り外した際に、剥きだしになった端子などを覆うカバーの事。
今回の冬モデルと秋モデルとを比較すると、CPUやメモリ、HDDの容量、OSなどが主な変更点のようです。

このページのトップへ

スペックも気になりますが、 このtx2の一番の特徴はなんと言ってもマルチタッチに対応し、 ディスプレイを自由にツイスト出来るという所。
HP TouchSmart tx2 冬モデル
ディスプレイを回転させ画面を表にした状態で閉じることも可能なので、 大勢でディスプレイに表示された資料やブラウザなどを閲覧する事も出来ますし、 ノートのように使いたい時にも便利です。
そしてさらなるこだわりは静電式のタッチパネル。
従来のタッチが可能なPCでは主に感圧方式が採用されており、 液晶の表側に抵抗膜方式用パネル(保護層)や感圧式パネル(圧力を感知する層)が必要だったのですが、 静電方式のtx2では不要。 くすみがない分、よりクリアな映像を映し出す事が可能になったのだとか。
従来よりも光沢を抑えたグレアタイプというのも自分的には良いです。

このページのトップへ

HP TouchSmart tx2 冬モデルを実際に触ってみる

実機に触ってみた感想やコメントを写真とともに掲載します。
画像の粗い写真が多いのですが、その点はご了承下さい。
HP TouchSmart tx2 冬モデル

HP TouchSmart tx2 冬モデル
外観です。
天板と、パームレスト部分にも「utakata」のデザインがプリントされています。
というか、今気づきましたがこのデザインは余り好きではないかも・・
カスタマイズ時にデザインも自由に選べると嬉しいですね。
このモデル、10月17日の表参道のカフェでのイベントで部屋の隅のほうに置かれていたのですが、 他の方は別のモデルを見ていたので、ゆっくり触る事ができました。
このページのトップへ
HP TouchSmart tx2 冬モデル
キーボードはフルサイズ。
キーピッチが19mm、キーストロークが2.5mmです。
打ってみましたが、普通に使いやすいと思います。
このページのトップへ
HP TouchSmart tx2 冬モデル
タッチパッドです。
パッドの上に配置されたボタンで、タッチパッドのオンオフを行います。
小さな穴に埃やゴミが詰まらないか気になりますが、使い心地は普通。
キーボードを打つときに、タッチパッドに手が触れて誤操作してしまう事が多いのですが、 少し形状が窪んでいる分、手が触れにくいようです。もちろんオフにすれば動作しません。
このページのトップへ
HP TouchSmart tx2 冬モデル
左側面。
電源コネクタ、5in1メディアスロット、ExpressCard、HPモバイルリモートコントローラー、 着脱式DVDスーパーマルチドライブ。
DVDドライブは底面の着脱ラッチを動かして着脱できるので、必要のない時は付属のウェイトセーバーに置き換えて軽量化することができます。
このページのトップへ
HP TouchSmart tx2 冬モデル

HP TouchSmart tx2 冬モデル
前面にはリモコン受光部、ヘッドフォンとマイクの入出力端子、 無線機能のオンオフボタン。ヘッドフォン端子は2基搭載しています。
このページのトップへ
HP TouchSmart tx2 冬モデル

HP TouchSmart tx2 冬モデル
右側面。
USB2.0ポートが1基にネットワークポート、拡張コネクタ、アナログRGBコネクタ。
見辛くて申し訳ないのですが、右側面の一番左端には、電子ペンを収納するスペースがあります。
このページのトップへ
HP TouchSmart tx2 冬モデル
そして背面右側です。
モデムポート、USB2.0ポート、セキュリティロックケーブル用のスロット。
写真のものはケーブルが付いています。
USB2.0ポート、確か資料では3基だったのに右に1つしかない・・なんて思ったのですが、 この部分に2基ありました。(というか、USBポートが1基しかないPCも今は珍しいですよね)
このページのトップへ
HP TouchSmart tx2 冬モデル

HP TouchSmart tx2 冬モデル

HP TouchSmart tx2 冬モデル
このようにツイストして、画面を表側に向けたまま閉じる事ができます。 この状態で電子ペンや手書き入力をすれば、分厚いノートのような感じになりますね。
ちなみに冒頭でも書きましたが、 このtx2は学生などに非常に人気のあるモデルなのだとか。
手書きで入力した文字をアプリケーション上でフォントとして認識させる事ができ、 PCに登録されていない文字や記号なども手書きなら書き留めておく事ができるので、 講義などでノートをとったりする際に便利なのだそう。
確かに、通常のPCよりも便利です。
このページのトップへ
HP TouchSmart tx2 冬モデル
ディスプレイ右側には、モビリティセンターボタン、MediaSmartボタン、画面表示切替ボタンが配置。 これらを押すと・・
このページのトップへ
HP TouchSmart tx2 冬モデル

HP TouchSmart tx2 冬モデル

HP TouchSmart tx2 冬モデル

HP TouchSmart tx2 冬モデル
画面表示の縦横切替や、HP MediaSmart(DVDや音楽、写真、動画等のHP独自のアプリケーション)の起動、 Windowsの設定が行えるモビリティセンターの起動を行う事ができます。
このページのトップへ
HP TouchSmart tx2 冬モデル

HP TouchSmart tx2 冬モデル
ディスプレイ上部にはデジタルステレオマイクやウェブカメラが配置されています。
このページのトップへ
・・記事が長くなってしまっているのですがもう少し・・
この HP TouchSmart tx2 の数ある特長の中の一つに、 マルチタッチ・ジェスチャという指を使っての様々な操作を行う事ができる機能があります。
例えば、2本の指で画像の画像の拡大・縮小を行ったり回転させたり、フリック操作や ブラウザなどで進む・戻る等の操作も行う事が可能になっています。
ソフトにはこの操作に対応しているものとしていないものがあるので、 何でも・・というわけではないのですが、この機能は面白いです。
当然この機能は、同じTouchSmart PCシリーズである 300PC600PC に搭載されているのと同じもので、機能を完全に把握しているわけではないのですが 結構気に入っています。
価格に関しては構成やモデルの種類にもよりますが、 tx2¥86,100から、300PCは¥99,750〜、 600PCは¥149,730〜とかなり手頃です。実機に触れた時の印象では、 もっと高価かと思っていました。
このページのトップへ
なお、上にも書きましたが、tx2は2009年10月19日現在、 既に予約販売の受付をしています。
300PC600PCも同時に予約販売の受付を開始していますが、 量販店モデルについては22日より順次、発売開始だそうです。
tx2はダイレクトのみの販売です。
ではこの辺で終わりにします。
引き続いて、他のモデルも掲載する予定です。
※このHP TouchSmart tx2、実機の方を貸していただけそうなので、 もし貸していただけたならもっと詳しくレビューしようと思います。
このページのトップへ
【さらに詳細な情報】

HPの製品全般については・・
HP Directplus
上でご紹介している各モデルの詳細は・・
HP TouchSmart tx2 Notebook PC 冬モデル
HP TouchSmart 300PC 冬モデル
HP TouchSmart 600PC 冬モデル

※ 現時で販売開始されていないものについては、 オンラインでは購入できないモデルもありますが、リンク先ではスペックや外観等の詳しい情報を見る事ができます。
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2009.10.19 Monday | HP 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/614
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.