タッチ機能が面白い HP TouchSmart 600PCと300PC/製品レビュー

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
先日の日本HP 新製品説明会で試用してきた、2009年冬モデルのご紹介です。
今日は本体と液晶が一体になったオールインワン型の HP TouchSmart 300PC600PC
これらのマシンは、先日ご紹介したノート型のHP TouchSmart tx2と同じく、 指先で直感的な操作を行う事が出来るシリーズの製品です。
もちろんどちらのモデルにもHP TouchSmartソフトウェアを搭載。
このソフトウェア、色々なアプリケーションが一体になっていて、 このソフトを起動させるだけで音楽や映像、写真、メモ、ブラウザ他、様々な作業を簡単に行う事ができるんです。
これだとPCの難しい操作に不慣れな方や、子供でも簡単に使う事が出来ますし、 もちろん通常のPCと同じように作業する事もできます。
他のPCとは少し違ったカラーを持つシリーズなので、操作していて非常に面白いのですが、 マルチタッチに慣れてしまうと、通常のPCで作業する時に不便に感じてしまうかもしれないと思いました。 (その位扱いやすいPCだった)
では、また今回も600PC300PCのご紹介と感想などのレビューを行ってみようと思います。
※この600PC300PCは、 tx2と同じく、2009.10.19より既に HP Direct にて予約販売が開始されています。

このページのトップへ

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真 主要なスペック・特徴

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
今回、冬モデルとして発表されたオールインワンタイプのPCは全部で3機種。
その中の2機種が600PC300PCに当たるわけですが、 これらのモデル、重量は仕様の関係上結構ありますが、オールインワンなのに厚みもそれ程なく、 近くで見るとはじめて見た時に受けた印象よりもかなりコンパクトな感じでした。
ディスプレイには、 600PCは23インチのフルHDパネル(1920x1200)、 300PCは20インチワイド(1600×900)の液晶を採用。
従来の秋モデルでは、22インチと25インチのモデルを販売していたのですが、 大きすぎるという声が多かった為、今回は20と23にインチダウンしたのだとか。
OSにも従来のモデルにはVista Home Premium 32bit版を搭載していたのに対し、 冬モデルではWindows 7 Home Premium 64bit版を搭載。
※今回発売されるデスクトップ新製品は「 MS200 」というモデルを除き、全てのモデルで64bit選択可能。 ちなみに「MS200」は、600PC300PCと同じオールインワンタイプのデスクトップ。シリーズはPavilion。
600PCにおいては、地デジ3波に対応したテレビチューナーなども搭載し、 HDMIとコンポジット入力を用意。HDMIとコンポジット搭載の600PCについては、 ダイレクトでの販売のみとなっています。
そしてその他のスペックは、 チップセットは300PCにおいてはAMD M780G、600PCはMCP7A-JCを搭載し、 メモリはどちらも4GB(1,066MHz/最大4GB)、 HDDは300PCが640GB(SATA/7,200rpm)、600PCが1TB(SATA/7,200rpm)容量のものを搭載。
グラフィックスは 300PCがGeForce G210(ビデオメモリ:512MB/メインメモリあわせて最大2303MB)、 600PCはGeForce G230(ビデオメモリ:1GB/メインメモリあわせて最大2815MB)。
スロットイン方式、Light ScribeタイプのDVDスーパーマルチドライブを搭載し、 無線LAN機能を内蔵、そしてオプションとなりますが、外付けのハードドライブを選択する事ができます。

このページのトップへ

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
300PC600PCの形状についてHPの方がおっしゃっていた事ですが、 パッチパネルは力加減を知らない子供が操作する事なども考慮し、 強い力で押しても倒れないような角度の工夫がなされているのだとか。
また300PCに関しては電源が本体に内蔵されている為、電源があるものと比較して設置場所を選びません。
そして画面には、表面にフィルムなどの必要がない強化ガラスを採用する事で、 くすみのない美しい表示を実現しているそうで、 少々映り込みはきついですが映像はとてもきれいです。
キーボードとマウスはワイヤレスのものを採用しているので、 テーブル周りが非常にすっきりしており、使用しない時でも付属の専用カバーを利用すれば汚れる心配もなし。
そして、HP独自のソフトウェアである「HP TouchSmartソフトウェア」が3.0にバージョンアップしています。
ソフトウェアの詳細や、ここに書ききれていない機能についてはまた後述しますが、 これらのモデルは性能云々よりも、使っていて楽しいと思えるような要素を沢山含んだPCだと思います。

このページのトップへ

HP TouchSmart 600PC/300PCの様々な機能を実際に触ってみる

この写真は、左側が300PCで右側が600PCです。
以下に掲載する写真は300PCものと600PCのものが混ざっており、 どちらのモデルの写真・または機能なのかが少しわかり辛いかもしれませんが、その点をご了承の上お読み下さい。
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
こちらは300PCです。
キーボードやマウスがワイヤレスなので、テーブル周りがとてもスッキリしています。 ワイヤレスいいですね。 (ちなみに私の机周りは配線だらけです・・)
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
キーボード。
厚みがなく、サイズの割には軽いです。
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
画面上のキーボードを利用して、文字を入力する事もできます。
このキーボード、角と角を指で抑えて引っ張ると拡大したり縮小したりするんです。
これは tx2 にも搭載されているマルチタッチ・ジェスチャという機能の一つで、 同じ様に画像などの拡大・縮小も指で行う事ができます。
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
これは300PCの左側面。
このように、300PCも600PCも側面によく使用するインターフェースが配置されています。 USB2.0は両者とも5ポート。2ポートが側面に、そして背面には3ポート。
※300PCと600PCでは、インターフェースのレイアウトが多少異なるようです。
ちなみに600PCはHDMIやコンポジット入力を搭載し、Bluetoothなどにも対応していますが、300PCにはありません。 (上にも書きましたが、HDMIやコンポジット入力は ダイレクト専用モデル のみ搭載されています。)
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
300PCの背面です。
300PCは本体に電源が内蔵されているため、背面がスッキリしています。 アダプタはそんなに場所をとるものでもありませんが、熱を持ちますし、 他の配線が多いと結構邪魔だったりします。
両者とも無線LANを内蔵していますし、キーボードもマウスもワイヤレス、 そして300PCでは電源を内蔵しているなど、配線の煩わしさがないのでどこに設置しても邪魔になりません。
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
こちらは多分600PCの右側面。
わかり辛い画像ですが、この部分にDVDスーパーマルチドライブが内蔵されています。
トレイなどがないスロットイン方式で、LightScribeに対応しています。
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
3D地図も指で自由に動かせます。
画像や画面上のキーボードを指2本で拡大したように、マップも自由に拡大・縮小を行う事ができます。
指で非常にスムーズに拡大縮小が行えるので、マウスなどで操作するよりも格段に楽です。 この機能は見ているだけでも面白く、マップを動かしたり拡大縮小などを行ったりなど、 多くの方の関心を集めていました。
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
ディスプレイの上部中央に内蔵されているウェブカメラの裏側です。
このカメラはチルト機能付き・・写真に写っている突起部分を動かす事で、 カメラを上下させる事が出来るようになっています。
ディスプレイ上部にはデジタルステレオマイクも搭載しており、テレビ電話やチャット等を楽しむ事が出来ます。
ちなみにこのカメラで撮影した画像は、添付されている「Cyberlink YouCam」というソフトウェアで 色々な効果をつけたりデコレーションしたりする事ができます。フレームなどの種類も豊富で、 とても面白い機能です。(下)
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
写真のような感じで、様々な効果をつけることが出来ます。
かなり種類が沢山あって、すごく面白いです。
ちなみにこの撮影した映像・・
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
IDやパスワードを入力するだけで、 YouTubeへ簡単にアップロードできるようになっています。
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
家のマークが書かれた丸いボタンを押すと、HP TouchSmartソフトウェアが起動します。
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
このように、様々なアプリケーションの機能が一つのソフトウェアに盛り込まれています。 キャンバスやミュージック、ビデオ、DVD、ピクチャー、メモ、カレンダー、独自webブラウザー等など・・
指で横にスライドさせるだけで、表示されるアプリケーションを入替える事ができるので、 一つ一つのソフトを起動させる煩わしさがなく、とても便利。
何をどうすれば良いかが視覚的に大体わかるので、 初めての方でもすぐに使いこなせるようになると思います。 子供でも簡単です。
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
キャンバス内の画像です。
上でも何度か書きましたが、写真のように2本の指で拡大や縮小が行えます。
タッチパネルの感度が良いからなのか、一つの画像を動かそうとしたら他のものまでくっついてきたりする事も あったのと、指を使っての拡大縮小で細かい縦横のサイズ指定などは行えないそうなので、 あくまでこの機能は「遊び」感覚で使用するものだと思います。
写真の簡単な補正やトリミングなどは、同ソフトウェアの「ピクチャー」という機能で行えます。
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
HP TouchSmart独自のウェブブラウザー。
ブラウザまであるなんて驚きですが、細かい設定などは行う事が出来ないようです。
お気に入りなどは、多分IEのブックマークと共有しているのではないか?と・・
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
HP TouchSmart 600PC、300PCのディスプレイ下部には、手元を明るく照らし出すダウンライトが備えられています。
300PCに関してはダウンライトのカラーはホワイトのみのようなのですが、 600PCは以下の画像のようにフルカラーから選択する事が可能です。
ライトは側面のボタンでオンオフを行えるようですが、 600PCでは上の画像の矢印の先にある「HP Ambient right」をタッチしても行えるようです
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真

HP TouchSmart 600PC/300PCの写真
写真のような感じで、画面にタッチして色を変更する事ができます。 その機能が要るのか要らないのかという事情は別にして、見ている分にはきれいです。
このページのトップへ
HP TouchSmart 600PC300PCのレビューは以上となります。
この製品は他のシリーズ(パビリオンやミニノート)とは異なり、 どちらかというと家族全体で使用される事を前提に様々な機能が盛り込まれています。
600PC300PCが 一家に一台あれば、テレビや音楽、DVD、家族のスケジュール他、 皆で共有して使用する事ができます。
特に、難しい操作を行う事ができない子供や、コンピュータに馴染みのない世代の方々など、 そういった方達でも直感的に操作が行えるような機能が豊富に搭載されています。
私自身は、中には多分使わないであろう機能がいくつかあったりするのですが、 タッチ機能は良いですね。
タッチパネルの感度が悪いとイライラするかもしれませんが、 触っている限りでは、かなりスムーズに操作できていたので・・
このページのトップへ
そうそう、書き忘れていましたが、 これらのモデルの価格は 300PC¥99,750〜600PC¥149,730〜。 構成やモデルによって価格は変わりますが、内容を考えると結構手頃ですね。
ちなみに、ここに掲載した各モデルの機能やスペックについては、 もしかすると正確ではない場合がありますので、あくまでも参考までにお願いいたします。
なお、上にも書きましたが、前回のtx2や、 300PC600PCは2009年10月19日より、 既に予約販売の受付を開始しています。(量販店モデルについては22日より順次、発売開始予定です)
HPさんの冬モデル新製品のレビューはまだ次に続く予定です。
このページのトップへ
【さらに詳細な情報】

HPの製品全般については・・
HP Directplus
上でご紹介している各モデルの詳細は・・
HP TouchSmart tx2 Notebook PC 冬モデル
HP TouchSmart 300PC 冬モデル
HP TouchSmart 600PC 冬モデル

※ 現時で販売開始されていないものについては、 オンラインでは購入できないモデルもありますが、リンク先ではスペックや外観等の詳しい情報を見る事ができます。
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2009.10.20 Tuesday | HP 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/616
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.