Core i7やSSDを搭載したHP Pavilion dv7冬モデル/製品レビュー

HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真
日本HP 冬モデル新製品説明会で発表された、PC製品のご紹介です。
今回レビューを行う製品は「 HP Pavilion Notebook PC dv7冬モデル 」。冬モデルとして発表されたPavilion(パビリオン)シリーズの中で最上位となるマシンです。
プロセッサにはCore i7を搭載し、HDDよりも高速なSSDを選択する事ができるなど、 スペックも外観も他の機種とはまた違った雰囲気のこのdv7、 デザイン的にはどちらかと言うと男性向けなのでしょうか? 外観も質感も共にクールで高級な印象を受けるモデルです。
このモデルの特徴は、何と言っても ターボ・ブースト機能を持つCPU「Core i7」を搭載しているという所。
ターボ・ブーストとは、CPUに余力がある時に、 CPUの規格消費電力や温度の範囲内で自動オーバークロックするという機能の事です。 (オーバークロックとは
電力や冷却に余裕があるなどの条件が必要ではありますが、ターボ・ブーストによって コアのクロックをアップさせる事により、通常時よりも高いパフォーマンスを引き出す事ができます。
こういった性能の高いマシンを触ると、やっぱり私はデザインよりも性能重視だな・・と思ってしまいますね。
では、また今回もPavilion dv7のスペックや特徴、 そして製品に対する感想などを述べてみたいと思います。
※このモデルは、現在(2009.10.21)既に予約販売が開始されています。 詳しくはdv7 冬モデルの詳細 でご確認下さい。

このページのトップへ

HP Pavilion Notebook PC dv7冬モデルの主要なスペック

HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真
冒頭でも述べましたが、dv7は今回発売となる冬モデルのPavilion Notebookシリーズでは、 最上位となる構成のマシン。
秋モデルから継続して販売されているシリーズの一つで、従来の機種でもCore2 Quadを搭載するなど、 スペックの高さが際立つ性能の高い製品でした。
今回のdv7では、 最新OS「Windws 7」を搭載し、プロセッサにはCore i7(※HT・VT対応)、グラフィックスにはGeForce GT 230M、 そしてストレージにSSDを搭載する事が出来る(128GB SSDと500GB HDD)など、 まさに最上位と呼ぶに相応しい構成を選択する事ができます。
※HT・VTについては後述します
dv7の主なスペックについては、 ディスプレイには17.3インチワイドHD(1,600×900)を搭載し、 プロセッサには2種、 Core i7-720QM(1.60GHz/TB時最大2.8GHz/6MB L3)と Core i7-820QM(1.73GHz/TB時最大3.06GHz/8MB L3)を用意、 そしてPM55 Express チップセットを搭載。
グラフィックスにはGeForce GT 230M (VRAM:1GBの専用/メモリ 2GB搭載時最大1791MB/4GB搭載時最大2303MB/8GB搭載時最大2303MB)、 メモリは2GB・4GB(1066MHz/最大8GB)から選択する事ができます。
ストレージは320GBのHDD、128GBのSSDと500GBのHDD、1TBのHDD(HDDは全て7200rpm)より選択。
その他、無線機能やブルーレイROMドライブ、指紋認証機能、ウェブカメラ、 HDMIなどの外部インターフェース他・・を搭載しています。

このページのトップへ

dv7冬モデルの特長について

上記構成よりいくつかの特徴をピックアップして書いてみますが、 今回のモデルで選ぶ事のできるSSDは、HDDに比べて読み書き共に数倍高速なストレージ。
HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真
デザインは「kirameki」
資料からの引用となりますが、160GB・5400rpmのHDDと比較すると、 読み込み5.1倍、書き込みにおいても3.8倍高速だという結果が出ているそうです。
このように非常に高速だといわれているSSDですが、 HPの方の話によると、メーカーによってSSDのパフォーマンスはまちまちだそうで(特に書き込み)・・
ですが、HPのこの製品に関しては最適なチューニングを行っており、 書き込みに関しても快適な速度を得られる事ができるのだとか。 (10000rpmのHDDよりも全然早いそうです。)
また、TB(ターボブースト)に対応するCore i7プロセッサ。 こちらは通常ではクロック周波数1.6GHz(720QM)、 または1.73GHz(820QM)となっているのが、 オーバークロック時には最大で2.8GHz(720QM)、3.06GHz(820QM)までクロックアップします。
冒頭の繰り返しになりますが、ターボブーストとはCPUが規格消費電力や温度(TDP)の範囲内で、 コアのクロックを引き上げる機能の事です。
このページのトップへ
そしてもう一つ、上にも少し書きましたが、Core i7がHTやVT対応だという事。
HTはハイパースレッディング・テクノロジーの略。 1つのコアで2スレッドを実行する事が可能なマルチスレッド機能の事です。
HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真
4コア8スレッド(大画像は下に掲載)
わかりやすく書くと、通常、複数のアプリケーションを動作させる時には、 1つのCPUが複数のアプリケーションからの命令をこなしているのですが、 実際は同時に複数の命令をこなしているというわけではなく、 時間をずらしながら順番に命令を実行しています。
当然、命令の数が多ければ多いほど、タイムロスが生じるわけで・・
ですが、このマルチスレッド機能を備えているプロセッサならば、 一つのCPUを2つに分けたかのように動作させる事ができます。 複数の命令を2つのCPU(見た目は)で同時に処理できる為、処理速度が向上します。
HT(マルチスレッド)対応のCore i7の場合、物理的なCPUコアは4つですが、 この機能によってOS側からは8つのCPUが動作しているように見えます。
これによって同時に8スレッドの実行が可能となり、 アプリケーションによって差はありますが、プログラムを高速に動作させる事ができるというわけなのです。
このページのトップへ
そしてVTとは、Intel VT(インテル バーチャライゼーション・テクノロジー)の事なんですが、 これは一台のPCで複数のOSを動作させるための技術です。
最新のOS「Windows 7」には、Windows XP Modeというソフトの無償ダウンロードが提供されていますが、 このソフトウェアは「Windows 7」上でWindows XPをエミュレーションさせる事で、 「Windows 7」に対応していないXPのソフトウェアを動作させるためのもの。
これにより、今までと同じ様にXPのソフトウェアを使う事ができるのです。
ですが、このWindows XP Mode、実はIntelのCPUがIntel VTに対応していなければ 使用する事が出来ません。
多くのプロセッサではこの技術に対応しているのですが、
ノートPCなどではまだ多くのものが非対応なのだとか。 (有名メーカーのPCが)
そういうわけで、Windows XP Modeが特に必要のない方であればともかく、 Windows 7に互換性のないソフトウェア等を使用する場合は、プロセッサがIntel VTに 対応しているかどうかを確認しなくてはなりません。
話が長くなりましたが、dv7に搭載されているCore i7は、 Intel VTに対応しています。

このページのトップへ

HP Pavilion Notebook PC dv7冬モデルの写真や製品へのコメント

説明が長くなってしまいました。
以下、dv7の写真と製品へのコメントなどを掲載してみました。
HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真

HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真

HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真
dv7の外観です。
17.3インチワイドのディスプレイを搭載しており、周囲にあったPCよりもかなり大きかったです。 これだとデスクトップ代わりに使えますね。
このページのトップへ
HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真
ちょっと字が小さすぎて見辛いのですが・・
こちらの表示では64bit版となっていますが、購入できるのは32bit版のもの。 キーボードも英字だったので、多分これは日本向けのものではないのかも?
このページのトップへ
HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真
デザインは「kirameki」。
何度も書いていますが、デザインも複数の中から選択できればなあと思います。
このページのトップへ
HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真
キーボードを上から。
英字タイプのものなので、キーの配置が・・これは慣れていないの上手く打てません。 通常はテンキー付きの日本語のキーボードです。
このページのトップへ
HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真

HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真

HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真
左右側面と前面から。
左がアナログRGB、拡張コネクタ、ネットワークポート、HDMI、eSATAとUSB2.0兼用ポート、 USB2.0が1基、IEEE1394、5in1メディアスロット、ExpressCard (標準添付のHPモバイルリモートコントローラーを収納可能)
右がブルーレイROMドライブ、USB2.0が2基、セキュリティロックケーブル用スロット、電源。 そして前面右側にはマイク入力、ヘッドフォンポートが2基。
このページのトップへ
HP Pavilion Notebook dv7冬モデルの写真
タスクマネージャーでのCPUパフォーマンス。
実際は4コアですが、OSには8つとして認識されています。
このページのトップへ
HP Pavilion Notebook PC dv7冬モデルのレビューは以上です。
最上位モデル、17.3インチのディスプレイ・・高性能なデスクトップ並みに使えるこのdv7、 私には非常に魅力的なモデルに見えるのですが、必要でない方にはあまり興味のないノートかもしれません。 (このサイズだったらデスクトップを購入した方が・・とか)
ちなみに価格は¥139,650〜からとなっており、 ストレージにSSDなどを選択するとそれなりの値段になってしまうのですが、 それでもコストパフォーマンスは高いノートブックだと思います。
上で書くのを忘れてしまったのですが、グラフィックスがATI製(秋モデル) からNVIDIA GeForce GT 230Mに変更されたのもあり、 dv7秋モデルと比べて冬モデルのベンチマーク(FF)では・・
Low  秋:8041 → 冬:10019
High  秋:5809 → 冬:7833
というような結果が出ています。
映像が美しいPCなので、3Dゲームなども楽しめそうです。
私はゲームはしませんけどね。
このページのトップへ
ちなみに、少し先になると思うのですが、 もしかしたらこのdv7冬モデルを使える機会をもつ事ができるかもしれません。
機会がもてたら、またその時に色々レビューしてみようと思います。
なお、このdv7は、記事を書いている今現在(2009.10.21) 既に予約販売の受付を開始しています。詳しいスペックや機能、カスタマイズの価格を知りたいという方は、 dv7 冬モデルの詳細 をご確認下さい。
HPさんの冬モデル新製品のレビュー、まだ次に続くと思います。
このページのトップへ
【さらに詳細な情報】

HPの製品全般については・・
HP Directplus
上でご紹介しているモデルの詳細は・・
HP Pavilion Notebook PC dv7 冬モデル

※ 現時で販売開始されていないものについては、 オンラインでは購入できないモデルもありますが、リンク先ではスペックや外観等の詳しい情報を見る事ができます。
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2009.10.21 Wednesday | HP 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/618
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.