個性的なPC HP Mini 110冬モデルのcannaとuzu/製品レビュー

HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真
転写前のcannaの「箔」
日本HPの冬モデル新製品説明会及びイベント等で発表された、 PC新製品のレビューです。
今日ご紹介するのは、以前にも何度かここで掲載した製品「 HP Mini 110 」の冬モデル。
10月22日(本日)発売のWindows 7を搭載した、10.1インチワイドのミニノートです。
コンパクト、軽量・・など様々な特徴を持つこのPC、 一番インパクトがあるのはやはり外観のデザインで、 個性的なデザインに丸みを帯びた美しいフォルムのHP Miniは、 コンピューターというよりは、まるでアクセサリーのよう。
ファッション感覚でバッグに入れて持ち歩く事のできるノートPCだと思います。
そんな女性向けPCとして親しまれるこのシリーズでは、常時販売されているいくつかのスタンダードなモデルに加えて、 2009年の春に発売された「HP Mini Vivienne Tam Edition」や、 今回新製品として冬モデルと共に発売された「 HP Mini 110 by Studio Tord Boontje 」といったデザイナーズ・モデルなども提供しています。
「Tord Boontje(トード・ボーンチェ)」については少し前の記事でご紹介したので、 ここではHP Miniのスタンダードなモデルである「canna(かんな))」 「uzu(うず)」の詳細について掲載してみたいと思います。
※これらのモデルは、現在(2009.10.22)販売されているものとそうでないものがあります。 詳しくは HP Mini 110 冬モデルの詳細 でご確認下さい。

このページのトップへ

HP Mini 110 冬モデル 主な機能をチェック

HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真
デザインはuzu、カラーは白磁
自立する女性を連想させるカンナの花をモチーフにした、淡紅色の「canna(かんな)」と、 エネルギーがぶつかり合っている様をモチーフにした、白色の「uzu(うず)」。
これらのモデルは、秋から継続して販売されているものの構成違いとなるマシンで、 カラーバリエーションに「漆黒(しっこく)」が無くなった事を除けば、 デザイン等は皆同じです。
前回の秋モデルでは、「canna」と「uzu」に関しては量販店のみの販売で、 オンラインでは「uzu」の漆黒バージョンしか購入する事が出来なかったのですが、 今回の冬モデルでは「canna(カラー:淡紅藤)」も「uzu(カラー:白磁)」も HP Directplus 、量販店どちらでも購入する事が可能になりました。
このHP Mini 110の秋モデルと冬モデルの違いですが、 大きな違いとしては、搭載されているOSがWindows XPからWindows 7にバージョンアップしたという所。
ちなみにWindows 7には「Enterprise」「Ultimate」「Professional」「Home Premium」「Home Basic、」 「Starter」という6つのエディションが用意されていますが、 HP Mini 110に搭載されているのは小型ノート向けのOSといわれている「Windows 7 Starter」です。
この「Windows 7 Starter」にはいくつかの機能制限があり、エアロ機能や 壁紙やサウンド等の変更、拡張デスクトップ表示、DVDの再生、Windows Media Center、 リモートメディアストリーミング機能、XPモード等を利用する事が出来ません。 (アプリの同時起動が3つまでに制限される「同時起動アプリ制限」という機能も盛り込まれる予定でしたが、 撤廃されました)
その変わり、他のエディションよりも低価格で提供されている為、 HP Mini 110のような低価格帯のネットブックでも、最新OS「Windows 7」をバンドルする事が出来るのです。
このページのトップへ
HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真
デザインはcanna、カラーは淡紅藤
OS以外の変更点は、ディスプレイの解像度が秋モデルの「1024×576」から「1366×768(量販店)」、 「1024×600(ダイレクト)」へ、 ストレージはダイレクト専用モデルに関してはSSDがなくなり、 量販店モデルは160GB(5400rpm)から250GB(5400rpm)へとアップ。
そして秋モデルでは対応していなかったBluetoothが、冬モデルには搭載されています。
その他のスペックは、プロセッサがAtom N280(512KB L2/1.66 GHz/667MHz FSB)、 グラフィックスは945GSE Express チップセット内蔵のGMA 950、 メモリ1GB(最大1GB)、無線LAN機能はIEEE802.11b/gに準拠。
バッテリ駆動時間は3セルバッテリ使用時(標準)で約3.75時間、 6セルバッテリ使用時(オプション)で約8時間、質量は構成にもよりますが約1.16kgとなります。

このページのトップへ

HP Mini 110 冬モデルの写真や製品へのコメント

以下、簡単な説明と共にcanna及びuzuの写真、 また製品へのコメントなどを掲載してみました。
HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真

HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真
上のマシンはデザインが「uzu」、カラーは「白磁(はくじ)」。
そして下の写真はデザインが「canna」、カラーは「淡紅藤(うすべにふじ)」。
ディスプレイは10.1インチのノングレアタイプ。 私は目が疲れにくいこのタイプの画面が好きです。
このページのトップへ
HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真

HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真
キーボードです。
フルサイズのものと比べて92%のサイズ。17.5mmピッチ。 PCがこのサイズですので、それを考えると打ち心地はまあまあ良いのではないかと思われます。
ただ、慣れの問題だと思うのですが、下段のキーが少し打ちにくいような・・ これはいつもPCでやっている作業をある程度やってみない事にははっきりとわかりません。
このページのトップへ
HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真

HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真

HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真
画質が悪く、見辛くてすいません。
右側面にはUSB2.0が2ポート、5in1メディアスロット、RGBコネクタ、ネットワークポート。 そして左側面にはセキュリティロックケーブル用スロット、電源コネクタ、USB2.0が1ポート、 マイク入力・ヘッドフォン出力。
前面は無線LANのオンオフボタン、ディスプレイ上部にはウェブカメラとマイクが内蔵されています。
このページのトップへ
HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真

HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真
トップパネル。
このcanna(かんな)というデザイン、色がとてもきれいだと思います。
同じピンクでも一歩間違えれば子供っぽい感じのするものになってしまいますが、 この淡紅藤というカラーは上品で高級感のある色です。 発色が非常にきれいです。
このページのトップへ
HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真

HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真
こちらは説明会で見せていただいた、cannaの箔。
この箔を、HP Imprintという技術を利用して製品に転写する事で、HPのデザインPCが出来上がります。
この「HP Imprintテクノロジ」は、 従来の製品の成型や色・模様付け、コーティングという3つの工程を1工程に削減する事ができる画期的なシステムで、 繊細な模様も忠実に再現する事ができるのだとか。
そして出来上がった製品は傷にも強く、塗装がはげるということがないそうです。 折角美しいデザインの製品を持っていても、傷が付いてしまったら台無しですから。
このページのトップへ
HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真

HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真
こちらは「 HP Mini 110 by Studio Tord Boontje 」のトップパネル。(の分解版)
このデザインはHP Imprint 3Dというテクノロジを利用して作られています。
Tord Boontjeでは、微妙に発色の異なる箔を複数枚重ねて転写し、 この立体的なデザインと繊細な発色を実現しているのだとか。
このページのトップへ
HP Mini 110冬モデル「canna」「uzu」の写真
Tord Boontjeを購入すると標準で付属する専用PCケース。
製品と同じデザインです。素材も女性向けという感じのするものでした。
このページのトップへ
HP Mini 110冬モデルのレビューはここまでです。
非常に低価格でデザイン性の高いミニノートですが、やはり価格が価格なだけに、 スペックはネットブックそのものという感じです。
ですが、HDD容量はそこそこあり、量販店モデルでは高解像度のディスプレイなども購入する事ができます。 (SSDはどうしてなくなっちゃったのでしょうか。説明を聞き逃してしまったのか、記憶にありません)
非常に軽量でコンパクトですし、オプションの6セルバッテリを使用すれば約8時間もの長時間駆動が可能になります。
ネットブックはあくまでもウェブやメール、 外出時などに簡単な作業を行う為のマシンだと自分では思っているので、 普段はこのカテゴリの製品をあまり細かく見る事は無いのですが・・
価格的には多機能な携帯を買うのと変わらない感じでしょうか。
(そう考えるとPCは本当に安い)
何にせよ、普段からPCはウェブやメール・写真などで利用したりする位、 という方には、ネットブックは低価格で多機能な良いツールだと思います。 自宅では高性能なPC、外出時にはネットブックという方も多いのでしょうけど。
HP Mini 110と同じ程度のデザインレベルを持ったPCは、余り他では見ないと思いますし、 Tord Boontje なども一定期間しか購入する事ができないので、 誰も彼もが持っている・・という事にもならないでしょうし、ファッションに敏感な女性には注目されるでしょうね。
このページのトップへ
ちなみに価格ですが、 HP Directではオフィスなしモデルで¥49,980(税込)、 量販店モデルではオープン価格で、予想では¥5.5万円前後。
どのモデルも、オンラインでは既に販売開始しています。(一部モデル10月下旬販売開始予定)
なお、ここに掲載したモデルの細かい機能やスペックの詳細を知りたいという方は、 HP Mini 110 冬モデル詳細 のページで正確な情報をご確認下さい。
このページのトップへ
【さらに詳細な情報】

HPの製品全般については・・
HP Directplus
上でご紹介しているモデルの詳細は・・
HP Mini 110 冬モデル
HP Mini 110 by Studio Tord Boontje

※ 現時点ではまだ販売開始されていないもの、 またオンラインでは購入できないモデルもあります。
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2009.10.22 Thursday | HP 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/620
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.