実機レビューまとめ HP Mini 110 by Studio Tord Boontje

HP Mini 110 by Studio Tord Boontjeの写真
HP Mini 110シリーズの製品「 HP Mini 110 by Studio Tord Boontje 」のレビュー最終記事です。
これまでの記事では、Tord Boontje(トード・ボーンチェ)のスペックや性能、使用感などについて色々書きましたので、 最後に総合的な評価としてまとめてみようと思います。
ここで結論だけを先に書いておくと、このミニノートは「価格以上の製品」だと言えると思います。 デメリットとメリットを天秤にかけて考慮した上での結論ですので、 良い部分ばかりという事ではないのですが・・
ちなみに、評価はあくまでも私の意見ですので、他の方はそうでないと思われるかもしれません。 参考程度にお読み頂ければと思います。

このページのトップへ

HP Mini 110 by Studio Tord Boontjeのレビューまとめ 【長所】

まずは、HP Mini 110 by Studio Tord Boontjeの長所です。 私が使用していて良いなと思った部分をあげています。 前回の記事で書いた、使用感をまとめるとこうなりました。
1.ディスプレイがみやすい
2.携帯性に優れている
3.キーピッチの幅やキーの配置
主なものは上記の3点でしょうか。 デザイン性に優れているという点も十分に長所だと思うのですが、 あくまでも使用していてどうだったか、という部分を重視しているので、 敢えて入れませんでした。
ディスプレイが見やすい、というのは、まず一つにノングレアタイプの液晶を搭載しているという事、 そして解像度が高めなので、一画面に沢山の情報を表示できるという事などが理由となります。
10.1インチというミニサイズのPCですので、正直はじめは全く期待していなく、 外出時の間に合わせのように考えていたのですが、 実際に使ってみると自分が思っていたよりも全然使いやすく・・
同じ10.1インチでも、解像度によって使用感が全く変わってしまうので、 中には使い難いネットブックもあるんだと思います。
HP Mini 110 by Studio Tord Boontjeの写真
そして、携帯性に優れているという部分は、 ネットブックなので当然といえば当然なのですが、 コンパクトなので小さなカバンにも入りますし、やはり軽い。
長時間携帯しても、それ程苦にならない重さです。 性能も大切ですが、携帯性はそれ以上に重要だと実感しました。

そして最後ですが、キーピッチの幅やキーの配置が工夫されているという部分。
実は、後に出てくるデメリットの部分にも「キーボード」が含まれており、 前のページではその部分ばかりをクローズアップして掲載していたのですが、 キーボードには良い面もいくつかあるのでこちらにも加えてみました。
Tord Boontje(トード・ボーンチェ)のキーボードには、 通常のフルサイズキーボードの92%の大きさのものが採用されています。
キーピッチはキーによって異なるのですが、頻繁に使うであろう主要なキーに関しては、 約17.5mmのピッチを確保しています。 この筐体の大きさでこれだけのサイズのキーボードを採用するというのは 中々優秀なのではないかと思います。
その代わり、キーによっては極端にピッチが狭くなっているものもあり、 場合によっては逆に使い難い部分もあったりするのですが・・・

このページのトップへ

HP Mini 110 by Studio Tord Boontjeのレビューまとめ 【短所】

次にHP Mini 110 by Studio Tord Boontjeの短所です。
私がこのマシンを使用していて使い辛いと思った部分です。
1.やっぱりキーボード
メリットにも挙げられたキーボードですが、やはり悪い面もあります。 マシンで一番触れる部分ですので、色々評価が出てくるのはやむを得ないのかもしれません。
で、どのように使いにくいのか、という事ですが、 キーボードは、クリック感もありフラットな形状で一見とても使いやすく見えるんです。
ですが、私にとっては少しストロークが短く・・
少し使っただけなら、多分それ程意識する事がないと思うのですが、 30分、1時間・・と使っていると、指や手が疲れてきます。
ちなみに、このTord Boontje(トード・ボーンチェ)の記事は、全てTord Boontjeで打っているのですが、 ずっと打っているとやはりかなり疲れます。
最適なストロークの距離は人によって異なりますので、 私がそうだからといって皆そうだとは限らないのですが、長時間使用するにはちょっと厳しいかなと思いました。
まあ、ネットやメール、文書の作成など、簡単な作業での使用では全く問題はないと思います。

このページのトップへ
最終的なまとめとして、キーボードに少々使いづらい部分があるにせよ、 この筐体のサイズでこのサイズのキーボード(フルサイズの92%)、使いやすいディスプレイなど、 ハードウェア的な操作感は価格を考えるとかなり優秀であると思います。
ソフトウェア・・パフォーマンス的な面でも、 スペックの構成上高性能だとはいえませんが、通常の作業を行う分には快適な速度で、 ストレスを感じる事なく使用する事ができます。
価格の高いモデルなどと比べれば、当然色々な面で劣ってしまうのですが、 価格と性能、操作性、デザイン性などのバランスを考慮した場合、 価格以上の製品ではないかと思います。
ネットブックと呼ばれる製品はどれも本当に低価格ですが、 それなりの中身だったりするものもあるので、 色々検証してみるのも面白そうです。 (少し先になりますが、レノボさんのネットブック「Ideapad」の製品レビューを掲載します)
以上で、 HP Mini 110 by Studio tord boontje(トード・ボーンチェ)のレビューは終わりです。
次回は、同じシリーズの製品「canna(かんな)」のレビューを簡単に掲載します。
tord boontje(トード・ボーンチェ)と同構成・デザイン違いの製品ですので、 多分かなり簡単なレビューになると思うのですが、 写真なども掲載しますので興味のある方はご覧下さい。
掲載している製品の情報に関しては正確性を保証するものではありません。 HP Mini 110 by Studio Tord Boontjeの正確なスペックや機能、価格については、 下記の製品ページでご確認下さい。
このページのトップへ
【さらに詳細な情報】
HPの製品全般・最新のキャンペーンについては・・
HP Directplus
最新のキャンペーン情報一覧

上でご紹介している各モデルの詳細は・・
HP Mini 110 by Studio Tord Boontje
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2009.11.12 Thursday | HP 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/638
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.