レノボのネットブック IdeaPad S10-2をレビュー

IdeaPad S10-2の写真
レノボの「IdeaPad S10-2」のレビューです。 (前回はLenovoのThinkpad X200sの製品レビュー)
IdeaPadが2008年に登場してから現在まで、様々なタイプのモデルが販売されて来ましたが、 このS10-2は2009年の夏に発売された、いわゆるネットブックというカテゴリに位置する製品。
モバイルに適した形状とそこそこのスペック、そして低価格性を売りにした、 サブマシンとして人気のあるモバイルPCです。
私自身は、余りネットブックというカテゴリの製品に興味が無い為、 未だにIdeapadがレノボブランドだという事に違和感があったりするのですが、 実際に使ってみると、自分が想像していたよりも使い勝手も機能性も良く・・
一般的にネットブック=低価格という認識が浸透しているとはいえ、 内容を考えると本当に破格だと思います。
ちなみにこれまでIdeapadは量販店などでしか購入する事ができなかったのですが、 11月末よりレノボ製品の直販サイトでも入手する事ができるようになり、 今回ご紹介するS10-2を含め、ウェブ限定のモデルなどもウェブ上で購入する事が可能になりました。
では、まずはじめにIdeaPad S10-2の外観やインターフェースの各部名称のご紹介です。 宜しければご覧下さい。
IdeaPad S10-2のモデル一覧・スペック等の詳細はこちら

このページのトップへ

IdeaPad S10-2 写真と各部名称

S10-2の写真と共に、各部名称を掲載します。
IdeaPad S10-2の写真

IdeaPad S10-2の写真
天板を上部から。
ドットパターンのデザインに、カラーはパールホワイト。
今回のIdeapad S10-2では、リップピンクやランプブラック、シルバーグレー等のカラーが用意されています。

IdeaPad S10-2の写真 IdeaPad S10-2の写真
上のIdeapad S10-2は、リップピンクとシルバーグレー。
少し前に訪問したイベントで撮影したものです。
ちなみに、前回のS10eでも4種のカラーバリエーションが用意されていましたが、 S10-2のカラーはS10eに採用されていたものよりも、より鮮やかなカラーが採用されています。
このページのトップへ
IdeaPad S10-2の写真
Ideapadの左側面。
左側から、LANコネクタに排気口、アナログRGB、USB2.0、ヘッドフォン、マイク。
このページのトップへ
IdeaPad S10-2の写真 IdeaPad S10-2の写真
マシンの前面。
中央部分に、4in1カードリーダースロットが搭載されています。
(ダミーカードが差し込んである)
このページのトップへ
IdeaPad S10-2の写真
右側面から。
左から無線LANのオンオフに、USB2.0、セキュリティキーホール、電源コネクタ。
このページのトップへ
IdeaPad S10-2の写真 IdeaPad S10-2の写真
マシンの背面。
バッテリのみです。バッテリを装着すると、底面が浮きます。
底に空間を設ける事で、熱を逃がす効果があります。
このページのトップへ
IdeaPad S10-2の写真
キーボードを上部から。
従来のモデルと比べると、レイアウトが所々変更されています。
このページのトップへ
IdeaPad S10-2の写真
前モデルでは、キーボード右側に配置されたキーの中で極端に幅の狭いものがあったのですが、 今回のモデルではそれらのキーの幅が通常キーと同じになっています。
一般的に余り使用されないキーを選んで幅を狭くしているのだと思うのですが、 私は右側によく使用するキーがあるので、前モデルのキーのレイアウトは非常に使いにくいのです。
そういった点で、今回のキーボードのレイアウト変更は◎。
このページのトップへ
IdeaPad S10-2の写真
キーボード左側の上部、電源ボタンの隣にはOneKey Rescue Systemの起動ボタン。 OneKey Rescue Systemは、データのバックアップやリストアに関連する機能を提供します。
このページのトップへ
IdeaPad S10-2の写真
キーボード右側の上部には、インジケーターランプ、内蔵マイク、QuickStartボタン。 QuickStartは、OSを起動させずに各種アプリケーションを利用する事が出来る機能を提供します。
このページのトップへ
IdeaPad S10-2の写真
タッチパッドです。
こちらも、従来モデルより多少大きくなっているようです。
このページのトップへ
IdeaPad S10-2の写真
10.1インチワイド(1024×600ドット)のディスプレイ。
光沢タイプなので、映りこみがすごいです。
でもディスプレイは思ったよりも広くて見やすいです。
このページのトップへ
IdeaPad S10-2の写真
ディスプレイの上部枠中央には、ウェブカメラを内蔵。
最近では、ウェブカメラを搭載しているマシンは多いですね。私は必要ないですが・・
このページのトップへ

IdeaPad S10-2の外観の写真とインターフェースの名称は以上となります。
次の記事では、マシンの底面部に内蔵されているパーツと、
前回レビューを行ったThinkpad X200sとの比較写真を掲載します。
今回のIdeapadは、バッテリパックを含む最大構成の状態で約1.2キロ、 それに対し、X200sは最小構成の状態で1.1キロ。 比較に用いているX200sは1.33キロなので、Ideapadよりもほんの少し重いのですが、 外観だけを見る限りではX200sの方がかなりサイズが大きく見えます。
では次回も宜しくお願いいたします。
IdeaPad S10-2のモデル一覧・スペック等の詳細はこちら
※掲載している製品の情報に関しては正確性を保証するものではありません。 IdeaPad S10-2の正確なスペックや機能、価格については、 下記の製品ページでご確認下さい。
このページのトップへ
【さらに詳細な情報】
Lenovoの製品全般・最新のキャンペーンについては・・
レノボ 最新のキャンペーン情報

上でご紹介している各モデルの詳細は・・
IdeaPad S10-2
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2009.12.17 Thursday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/659
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.