分解版 ThinkPad X100e 全てのパーツがバラバラに

ThinkPad X100eの写真
前回の記事「これが進化版ThinkPad X100e」に引き続き、 ThinkPad X100eの製品レビュー記事を掲載しています。
今回は、先日撮影させていただいた「分解版X100e」の写真を載せます。
普段、メモリ・HDD周辺や、余程の事があってキーボードを取り外したりする事はあったとしても、 ここまでバラバラに分解したものを見る機会は滅多にないと思います。
とても興味深い写真ですので、興味のある方はご覧下さい。
ThinkPad X100eのモデル一覧・スペック等の詳細をLenovoで見る

このページのトップへ

ThinkPad X100e 分解写真です

ThinkPad X100e の全てをバラバラに分解した写真です。
分解すると、キーボードの形状などもよくわかって結構面白いです。
ThinkPad X100eの写真
ThinkPad X100e 分解版。
Edge 13”の分解版もありました。そちらはまた後日、Edge 13”のレビュー記事の方へ掲載したいと思います。
このページのトップへ
ThinkPad X100eの写真

ThinkPad X100eの写真
ThinkPad X100e の上部カバー、キーボードベゼルの裏表。
ちなみに私の使用しているT61はパームレスト下にメモリスロットがある為、 パームレストの部分が手前に開くようになっています。
このページのトップへ
ThinkPad X100eの写真
ThinkPad X100e のバッテリパック。
X100eでは標準で3セル、オプションで6セルのリチウムイオンバッテリを選択する事が出来ます。
このページのトップへ
ThinkPad X100eの写真

ThinkPad X100eの写真
ThinkPad X100e のキーボードです。
横から見ると、バスタブ構造になっているのがわかります。この構造と防水シートの採用で、 万が一液体をこぼしたとしても中身が濡れないようになっています。
ちなみに、開発担当の方の話によると、 従来のThinkpadにはこぼした液体が底面に抜けていくように穴があけられているのですが、 このX100eに関してはそういった穴は設けられていません。
その理由として、穴を設けると強度の面で問題が生じてしまい、 素材に高価なものを使用しなくてはならなくなります。
結果、コストアップに繋がってしまう為、X100eの底面には穴は設けなかったのだとか。
そうなると防水の面では従来のものよりも劣ってしまうのでは?と思う方もおられるかもしれませんが、 普通に考えて、キーボード上に液体を流し続ける事は考え難いです。 (普通は、すぐに水分を取り払うと思います)
そのような理由より、今回のモデルでは上記のような仕様になっています。 また、キーボードに関しては、個別記事にするかもしれません(しないかもしれません)。
このページのトップへ
ThinkPad X100eの写真
余り載せる意味はありませんが、キーボードの裏側です。
このページのトップへ
ThinkPad X100eの写真

ThinkPad X100eの写真
ThinkPad X100e のHDD。
SATA対応、5400rpmの250GBハードディスクです。
このページのトップへ
ThinkPad X100eの写真

ThinkPad X100eの写真
ThinkPad X100e のマザーボード。
手前に見えるのが冷却ファンです。
従来のThinkpadには、 ふくろうの羽をヒントにして開発された非常に静音性・冷却性能に優れた冷却ファンが搭載されているのですが、 今回の新製品では、さらにその冷却ファンを進化させた新しいデザインのファンが搭載されているのだとか。
低価格モデルなだけに、その辺の拘りが更に進化し引き継がれているのは素晴らしいです。
このページのトップへ
ThinkPad X100eの写真
こちらはメモリスロット。
標準で2GBのメモリを搭載しています。(写真は1スロット空)
最大で4GBまで搭載する事が可能。
このページのトップへ
ThinkPad X100eの写真
一応、マザーボードの裏面も。
このページのトップへ
ThinkPad X100eの写真

ThinkPad X100eの写真
X100e、ベースカバーとディスプレイ。
この部分、レノボの開発担当の方がおっしゃっていた事ですが、 強度が低く安価な素材が使用されているのだとか。 (正直に言わなくてもいいのにとも思いましたが、それだけ製品に自信があるのだと思います)
しかし、マシン全体としての強度や耐久性などには従来通り問題なく、 過酷なThinkpad拷問テストもクリア。
必要な部分に強度の高い素材、そしてそうでない部分には安価な素材を配置する事で、 コストは低く抑えながらも信頼性の高い筐体・従来のクオリティを保っています。
このページのトップへ
ThinkPad X100eの写真
こちらは底面カバーの裏側。
上に掲載しているベースカバーの底面に配置されるカバーです。
このページのトップへ

X100eの分解版写真は以上となります。
ThinkPad X100eのモデル一覧・スペック等の詳細をLenovoで見る
次回の記事ではX100eの主なスペックを掲載したいと思います。
ちなみに、いつもの製品レビューのパターンだとスペック、 ベンチマーク・・などというように続くのですが、今回のこのX100eではベンチマークは行えていませんので、 主なソフトウェアやエクスペリエンスインデックス他、 色々見聞きした情報を掲載していきたいと思います。
Edge 13”に関しては今現在手元にありますので、 色々と検証することが出来ると思います。
では、次回のX100eのレビュー記事も宜しければご覧下さい。
※掲載している製品の情報に関しては正確性を保証するものではありません。 ThinkPad X100eの正確なスペックや機能、価格については、 下記の製品ページでご確認下さい。
このページのトップへ
【さらに詳細な情報】
Lenovoの製品全般・最新のキャンペーンについては・・
レノボ 最新のキャンペーン情報

上でご紹介しているモデルの詳細は・・
ThinkPad X100e
ThinkPad Edge
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2010.01.18 Monday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/670
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.