X100e 品質は高く・価格は低く・・設計の工夫とは 2

従来のThinkpadの利点を保ちつつ、価格帯を大幅に下げたThinkpad X100eやEdge 13”ですが、 その品質の高さと低価格とを同時に実現する為に、 開発段階の設計において様々な工夫が凝らされています。
前回の記事では、そのような私達が普段見ることのない設計部分の工夫において、 先日のプレゼンで見聞きした事の一部を述べましたが、 全てを載せ切れなかったので、今回の記事ではその続きを掲載したいと思います。

このページのトップへ

X100e 設計段階での耐久性を高める工夫とは

Thinkpadならではの利点と低価格とを両立する為に、 レノボの開発陣の方々が今回の新製品 X100e と Edge 13”に施した様々な工夫とは・・・
【ベースカバーの構造の工夫】
前回の記事でも述べましたが、従来のThinkpadとは異なり、 Thinpad X100eやEdge 13”を形作っている部品の中には、 強度の低い素材が使用されている部分もあるそうです。
ThinkPad X100の説明
今までそれなりの価格で提供されていた製品を、出来るだけ低価格で提供しようというのですから、 やはりどこかに削らなくてはならない部分が出てくるのは当然だと思うのですが、 X100eに関してはこのようなマシンを構成する素材などにも、 コストダウンを実現させる為の工夫が取り入れられています。
ただ、Thinkpadといえば高い堅牢性が特長の一つであり、 コストをダウンさせる為に安価な素材を使用した結果、 マシンの剛性が失われてしまうようでは元も子もありません。
そのような事にならない為に、今回の製品では必要な部分には強度の高い素材を使用し、 構造面においても、従来のThinkpadの強度を確立できるような設計の工夫を取り入れています。
前記事「低価格と高品質を両立する為の工夫とは」に掲載した、 ドーム形状のディスプレイカバーもその一つですし、 筐体のベース部分においては、一つ一つの部品自体は強度は弱いのですが、 ベースカバーの開口部全てに縦壁を立ち上げて上下の部品を固定する事により、 構造自体に強度を確立。
また、HDDブラケットは取り付け部をステンレスでスプリング構造にする事により、 やはりこちらも強度を確立しています。
ThinkPad X100eの写真
このページのトップへ

【冷却性能・拷問テスト】
ThinkPad X100の説明
従来のThinkpadでは、ふくろうの羽と呼ばれる冷却ファンを採用する事により、 高い静音性と冷却性能を両立していました。
今回のX100eやEdge 13”では、大和事業所の冷却設計におけるエキスパートにより、 内部エアフローを徹底的に改善。その結果、Thinkpadの規格に完全に合致、 従来のThinkpadに匹敵する冷却性能を実現しているそうです。
確かに、夜中にマシンを使用(ベンチマークなどの負荷の高い作業に)しても、 特別音やマシンの熱が気になるような事はありません。
ThinkPad X100eの写真
このページのトップへ
そして拷問テストにおいては、 以前、大和事業所見学に訪問した際にも実際に見ているのですが、 今回のX100eやEdge 13”に対しても同様に、最新の拷問テストが行われているのだとか。
新製品の拷問テスト映像を見せていただきましたが、 あのテストをクリア出来る位の強度を今回の製品でも持ち合わせているのならば、 耐久性などに関しては全く問題ないかと思います。
実際、私も以前拷問テストをこの目で見た後、どうしてもThinkpadが欲しくなって購入に至りました。 あらゆるメーカーで、製品説明などに「耐久性が高い・各種テストをクリア」と謳っているので、 自分の目で実際に見るまでは信用できなかったのですが、拷問と呼ばれるテストは本当に拷問のようでした。 現在、2台のThinkpadを使っていますが、Thinkpadの耐久性に関しては絶対的な信頼をおいています。
ThinkPad X100eの写真
このページのトップへ

X100e シンプルでわかり易いデザイン設計の工夫

今回の新製品 X100e と Edge 13”において、 従来のThinkpadと大きく異なるものの一つとして挙げられるのが筐体のデザイン。
従来にはなかったカラーバリエーションをはじめ、 キーボードの形状など様々な部分で新しいデザインが採用されています。
特にキーボードの操作感やレイアウトに関しては、Thinkpadでは非常に重要視される部分でもある為、 この部分を変更したと聞いた時にはどうしたものかと思ったのですが、 そこはやはりThinkpad。
新キーボードを採用するにあたり、各所に様々な工夫がなされています。
例えば・・
キー間にフレームを設ける事で剛性を高めた
打鍵時に指がフレームに干渉しないよう配慮
カーソルキーの飛び出しを無くすと同時にスペースキーを大きくした
6列キーボードを採用し、タッチパッドを限界まで大きくした
X100eではキーとトラックボタン間にステップを設けている
液体こぼし対策として、防水シート・バスタブ構造を採用
このページのトップへ
さらに、今回の製品のコンセプトでもある「シンプルでわかり易いPC」と言う部分に関しては・・
使用頻度の少ないNum LockやScroll Lock他・・を廃止
Page upやdownキーをカーソルキーの脇に配置し、形状を他のキーとは差別化
ファンクションキーによる機能呼出しを、Fnとの組み合わせでなく単独で呼び出し可能に
音量キーやミュートなどのボタンや各機能のLEDを省き、画面上に状態表示を行うように変更
と言った工夫がデザイン面になされています。
自分の意見として、キーボードの打鍵感などについては特に問題ないかと思います。
ただ・・
シンプルと言う部分に関しては、確かに無駄なボタンを省く事で誰が見てもわかり易いマシンになっているとは思うのですが、 少し省きすぎではないかと思う箇所がいくつか・・
特に、マシンの状態を示すインジケーターランプがどこにもないのですが、 マシンの状態をこれらのランプによって確認している者にとっては、少々不安になってしまいます。
ですが初心者にとっては、意味のわからないランプがあちこちで光っているよりも、 画面上などに「どの部分の状態がどうなっているのか」という事をわかりやすく表示してくれた方が良いのかもしれません。
このページのトップへ

そういった事柄やその他の部分も含め、 これらの新製品X100eやEdge 13”は従来のThinkpadユーザーには余り向いていない・・・とは言いすぎかもしれませんが、 全くThinkpadに馴染みのない初心者を中心に据えて開発された製品なのかと感じる部分が各所にあります。
しかし、この「従来のThinkpadユーザー向けではない」というのはネガティブな意味で述べているのではなく、 個人個人でマシンの用途が異なるのですから、同じ製品で満足する事ができないというのは当然です。
単純に考えると、今回の製品においては「Thinkpad」というある一定の性能・機能の基準を満たした製品で、 低価格・ライトユーザー向けという選択肢が増えただけの事なので、 万人に受け入れられるものではないと思っています。
あと、この記事の内容からは少しそれるのですが・・・・・
単純に「高価格・高性能→低価格・低性能」・・と言った感じに提供出来るのなら簡単かもしれませんが、 今まで高い水準で提供していた製品を低い水準で提供する事は出来ないわけで、 特にThinkpadというブランドに関しては従来のユーザーがそれを許さないのではないかと思われます。 (それはThinkpadではない、という)
そういう意味で、 それ程高機能・高性能なマシンを必要としないユーザーに向けての製品を、 Thinkpadというブランドで提供するのは難しい事だろうと思えるのですが、 今回発売されたX100eやEdge 13”はそれを実現してしまったわけです。
X100eやEdge 13”は、従来のThinkpadと比較すると納得いかない部分もあるかもしれませんが、 このブランドでこの価格帯の製品が発売されたというのはすごい事かと・・ というより時代の流れで出さざるを得なかったのかな、とも勝手に思ったりしています。
いずれにせよ、高い機能・操作性を備えたマシンが低価格であるというのは、 ユーザ側にとっては良い事です。
ThinkPad X100eのモデル一覧・スペック等の詳細をLenovoで見る
このページのトップへ

X100eだけでかなり長くなってしまっていますが、 次でX100eの記事は最後です。 簡単に製品の特徴のまとめを掲載しようと思います。
次記事も宜しければご覧下さい。
※掲載している製品の情報に関しては正確性を保証するものではありません。 ThinkPad X100eの正確なスペックや機能、価格については、 下記の製品ページでご確認下さい。
このページのトップへ
【さらに詳細な情報】
Lenovoの製品全般・最新のキャンペーンについては・・
レノボ 最新のキャンペーン情報

上でご紹介しているモデルの詳細は・・
ThinkPad X100e
ThinkPad Edge
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2010.01.26 Tuesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/673
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.