13.3型ノート Thinkpad Edge 13”を使ってみました

ThinkPad Edge 13”の写真
2010年1月5日に発売されたばかりのThinkpadシリーズ新製品、 Thinkpad Edge 13”の製品レビューです。 (先の記事では同じく発売されたばかりのThinkpad新製品 X100e のレビューを掲載しました。)
X100eと同じく、従来のものとは様々な部分で大きく異なるこのEdge 13”、 従来のThinkpadよりも価格設定が低い事もあり、 具体的にこれまでのマシンと比較してどう違うのかが非常に気になるところでした。
レノボの開発担当の方はおっしゃる限りでは、 従来のThinkpadと比べて質の面で妥協したという事は一切ないとの事ですが、 ではどうやってコストを抑える事できたのか・・?などと、 少数派でしょうが疑問に思われる方もおられるかと思います。
そういうわけで、ここではEdge 13"の外観的な特徴やスペック、実際の性能などをご紹介すると共に、 今回のマシンを開発するにあたってマシンに施された様々な工夫について、 レノボの開発担当の方からお聞きした事などを掲載していきたいと思います。
なお、特徴的には前記事に掲載したX100eとEdge 13”は非常によく似ていますので、 X100eの記事で述べた事の繰り返しになる部分もあるかと思いますが、その辺はご了承ください。
ThinkPad Edgeのモデル一覧・スペック等の詳細をLenovoで見る

このページのトップへ

今までのThinkpadとは違う・・・ Thinkpad Edge 13”の外観や各部名称

以下、Thinkpad Edge 13”の外観写真とインターフェース各部の名称を掲載しています。 見ての通り、従来のThinkpadとはかなり異なる部分がありますので、 一見するとThinkpadではなく別シリーズの新製品のようにみえなくもないです。
なお今回の新製品では、Thinkpad X100e、 Edge 13”共に複数のカラーバリエーションのモデルがラインアップされています。
Edge 13”ではグロッシー・ブラックとグロッシー・レッドの2種を用意。
X100eでは赤・白・黒の3種のモデルが用意されています。
ここでご紹介するEdge 13”はグロッシー・レッドのモデルです。
このページのトップへ
ThinkPad Edge 13”の写真
Edge 13”のトップパネルです。
光沢タイプのトップパネルで、艶のあるパネルの右端にはThinkpadのロゴ。
このロゴ、マシンの起動時には「i」の上部の点が赤く点灯します。
このページのトップへ
ThinkPad Edge 13”の写真
Edge 13”の左側のインターフェース。
セキュリティーホールに排気口、VGA、HDMI、LAN、Powered USBを1基ずつ搭載しています。
このページのトップへ
ThinkPad Edge 13”の写真

ThinkPad Edge 13”の写真
Edge 13”の前面です。
X100eと同じく前面には何もありませんが、下部にスピーカーが内蔵されています。
このページのトップへ
ThinkPad Edge 13”の写真
Edge 13”の右側のインターフェース。
5つのメディアに対応する5in1メディアカードスロットにマイクとヘッドフォインのコンボジャック、 USB2.0×2基、そして電源が配置されています。
搭載されているインターフェースに関しては過剰すぎず、 また少なくもなく標準的なマシンの構成だと思います。
細かく言うと、右側に電源を持ってくるのなら、
電源のケーブルをI字型ではなくL字型にして欲しかったなと思います。 使用する環境にもよると思いますが、 I字型のケーブルだと狭い場所での使用時などに折れ曲げて使用する事が多くなり、微妙に使い勝手が悪いです。
このページのトップへ
ThinkPad Edge 13”の写真
Edge 13”の背面です。
X100eでは背面側に、電源とVGAポートがバッテリーを挟む形で配置されていましたが、 Edge 13”は何も配置されていません。
このページのトップへ
ThinkPad Edge 13”の写真
Edge 13”のキーボードです。
X100eと同じく、アイソレーション型のキーボードが採用されています。 何度も書いていますが、従来のThinkpadと比べて外観では一番異なる部分です。
これまでのThinkpadに搭載されていたキーボードが非常に使いやすかっただけに、 なぜ変えてしまったのか?と何度も思いましたが・・・ レノボの製品開発担当の方がおっしゃるには、 外観は大きく変わってしまったが、操作性などは従来のものと同じクオリティを実現しているのだとか。
確かに、レノボの社員さんがそう断言するだけあって、 使いやすい事は使いやすいと思います。とはいえ、余りにシンプルになってしまったので、 Thinkpadとしてはかなり違和感があります。
このページのトップへ
ThinkPad Edge 13”の写真
中央にはトラックポイントも健在です。
トラックポイントについては後程の記事でまた述べますが、 このトラックポイントを低価格帯のマシンに搭載するというのは結構難しい事なのだそう。
確かに、同社の別ブランドIdeapadなどには搭載されていません。 Thinkpadならではのものだから、Ideapadには搭載していないのかな?なんて簡単に考えていましたが、 そうではないようです。
その他、キーのレイアウトや種類、ファンクションキーの機能など、 様々な部分で従来のキーボードとは異なる部分があり・・ キーボード周りのインジケーターランプなども殆どが省略されています。 (X100eと同じ理由でこのような仕様になっているのですが、 またキーボードについては後程述べます。)
このページのトップへ
ThinkPad Edge 13”の写真
そしてEdge 13”のタッチパッド。
特に変わった部分はないように見えますが、 今回のこのタッチパッドは、操作性の向上の為にできるだけ大きなものを搭載するように調整されています。
(キーボードに6列タイプのものを採用する事でパームレストの幅を確保し、 タッチパッドを限界まで大きくした)
このページのトップへ
ThinkPad Edge 13”の写真
キーボード右下にはThinkpadのロゴ。
このロゴはトップパネルに配置されているものと同じく、 起動時にはThinkpadの「i」の上部の点が赤く点灯します。
電源ボタンはキーボード右上。
このページのトップへ
ThinkPad Edge 13”の写真
タイトルにもある通り、Thinkpad Edge 13”には13.3型 HD液晶(1366×768)が採用されています。 画面は光沢タイプです。
X100eは11.6型で非光沢タイプの液晶を搭載していました。
ちなみに写真のマシンのディスプレイは一見非光沢に見えますが、実は光沢液晶です。 周りの風景が映り込んでしまい、画面部分だけ加工したのでこのようになりました。
このページのトップへ
ThinkPad Edge 13”の写真
他のモデルでもそうであるように、 ディスプレイ上部の枠中央にはウェブカメラが内蔵されています。
このページのトップへ

Edge 13”の外観とインターフェース各部の名称は以上です。
ThinkPad Edgeのモデル一覧・スペック等の詳細をLenovoで見る
次の記事では、Edge 13”の分解写真を簡単に掲載します。
X100eの分解写真も前記事で掲載しました)
※掲載している製品の情報に関しては正確性を保証するものではありません。 ThinkPad Edge 13”の正確なスペックや機能、価格については、 下記の製品ページでご確認下さい。
このページのトップへ
【さらに詳細な情報】
Lenovoの製品全般・最新のキャンペーンについては・・
レノボ 最新のキャンペーン情報

上でご紹介しているモデルの詳細は・・
ThinkPad X100e
ThinkPad Edge
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2010.02.02 Tuesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/675
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.