固定仕様の Thinkpad Edge 13” 構成内容は?

ThinkPad Edge 13”の写真
前回のThinkpad Edge 13”の分解写真に引き続き、 Thinkpad Edge 13”のレビューです。
今回はEdge 13”の構成内容などを見てみたいと思います。
タイトルにもあるとおり、Edge 13”はThinkpad X100eとは異なり、 カスタマイズなどを行う事ができない固定仕様のモデルとなっています。
予め、OSとプロセッサの違うモデルが複数用意されてはいますが、 どれを選んでも性能的には殆ど変わりないと言ってもいいでしょう。 (32bit版OS、64bit版OSなどの違い)
自分は細かくカスタマイズを行いたい方ですので、 今回発売されたEdge 13”は、自分的には余り魅力的なモデルとは言い難いのですが、 価格的に見て性能や機能に不足していると思われる部分は特にありませんので、 普段から余りスペックなどを気にされない方には、 こういう仕様の方が面倒がなくて楽かもしれません。 (32bit版、64bit版がどう違うの?という疑問は出るかもしれませんが)
では以下、Edge 13”の構成内容です
宜しければご覧下さい。
ThinkPad Edgeのモデル一覧・スペック等の詳細をLenovoで見る

このページのトップへ

Thinkpad Edge 13” 用意されているモデルのスペックについて

Thinkpad Edge 13”のスペックの内容です。
なお、何度も書いていますが、今回のモデルは全てAMD製のプロセッサが採用されています。
なぜ今回のモデルにはAMDを・・?という話ですが、すいません。
もしかしたらお話をお聞きしたのかもしれませんが、 他の部分に気をとられていたからか記憶にありません。
とにかく、今回のモデルにはAMD製のプロセッサが搭載されているという事です。
■OS・ディスプレイ・カラー
Edge 13”には、固定仕様でOSの異なるモデルが複数用意されています。
一方はWindows 7 Home Premium 32bit版、そしてもう一方はWindows 7 Professional 64bit版のOSを搭載。
ディスプレイには13.3型 HD液晶(1366×768ドット)を搭載。 X100eが非光沢タイプのディスプレイを採用していたのに対し、 Edge 13”では光沢タイプの液晶を採用。
光沢タイプの液晶が苦手な私には、やはりEdge 13”よりもX100eの方が魅力的なモデルに見えてしまいます。
そしてカラーですが、X100eでは赤・白・黒の3色のモデルが用意されていたのに対し、 Edge 13”ではグロッシーレッドとグロッシーブラックの2色。 ここでご紹介しているモデルはグロッシーレッドです。
ディスプレイ同様、トップパネルも艶のある光沢タイプとなっています。
ThinkPad Edge 13”の写真
このページのトップへ
■CPU
搭載されているCPUは、どのOSが搭載されているかによって異なります。
Windows 7 Home Premium 64bit版を搭載したモデルには、 AMD製のCPU Turion Neo X2 L625(動作周波数:1.60GHz)を、 Windows 7 Professional 32bit版を搭載したモデルには、 同じくAMD製の Athlon Neo X2 L325(動作周波数:1.50GHz)を搭載しています。
ここでご紹介しているモデルにはWindows 7 Home Premium 64bit版を搭載していますので、 プロセッサはTurion Neo X2 L625となります。
ThinkPad Edge 13”の写真
このページのトップへ
■チップセット・グラフィックス
チップセットはどのモデルにもAMD M780Gを搭載。
グラフィックスは、チップセットに付属のATI Radeon HD 3200を使用しています。 チップセットに内蔵のグラフィックスですのでグラフィック性能はそれほど良くないですが、 X100e同様、このサイズのマシンとしては標準的な構成だと思います。
ThinkPad Edge 13”の写真

ThinkPad Edge 13”の写真
このページのトップへ
■メモリ
Edge 13”では標準で2GBのメモリを搭載(2スロット)。
こちらはどのモデルも共通です。
ちなみに、購入時にカスタマイズなどを行う事ができませんので、 この時点ではメモリの追加なども行う事ができません。
メモリを追加したければ購入時にオプションとして購入し、 マシンが届いてから自分で追加する必要があります。
X100eでは初期状態では搭載メモリは1GBでしたが、 カスタマイズ時に4GBまで追加する事ができます。
しかもEdge 13”では、追加メモリ1GBをマシン購入時に購入するとプラス¥10,046、 2GBだとプラス¥16,422となりますが(現時点、キャンペーン価格で)、 X100eではマシン購入時に4GBに増設した場合、 プラス¥9,450しかかかりません。
これは、X100eの方が魅力的だと思う理由の中の一つでもあります。
唯一、Edge 13”では64bitOSを選択できるという長所(?)がありますが(X100eでは32bitOSしか選択できない)、 64bitOSを選択したとしても、Edge 13”にはメモリを最大で4GBまでしか積む事ができないので、 64bitOSでもそれほど魅力はないかと思います。
ThinkPad Edge 13”の写真

ThinkPad Edge 13”の写真
このページのトップへ
■ハードドライブ
CPU同様HDDも、32bitと64bitどちらのOSを選択するかによって搭載されているHDDの容量が異なります。
OSに、Windows 7 Home Premium 64bit版を搭載しているEdge 13”には 320GBのHDDを搭載、
Windows 7 Professional 32bit版を搭載しているEdge 13”には 250GBのHDDを搭載しています。
どちらのHDDも5,400rpm。
光学ドライブなどは搭載されていません。
前回の記事(Edge 13”の分解写真)にも書きましたが、 分解されてバラバラになっていたEdge 13”には7,200rpmのHDDが搭載されており、 5,400と7,200を購入時に選択する事ができればよいのになあ・・なんて思ってしまいました、
といっても、カスタマイズ自体が行えないモデルなんですが・・
ThinkPad Edge 13”の写真

ThinkPad Edge 13”の写真
このページのトップへ
■無線機能・バッテリー
Edge 13”に搭載されているワイヤレス機能は、 ThinkPad 11b/g/n Wi-Fi、Bluetooth Version 2.1 + EDR。 (X100eでは標準では搭載されておらず、両機能共カスタマイズ時に選択する事ができます。)
バッテリーは4セルのリチウムイオンバッテリーを搭載。
駆動時間はOSによって異なり、32bit版OSの方では約3.7時間、64bit版の方では約3.9時間となっています。
どちらにしろ、携帯しての使用がメインとなるのなら少々頼りない数字かもしれません。
なお、オプションとなりますが、
マシン購入時に4セルまたは6セルの拡張バッテリを購入する事ができます。
ThinkPad Edge 13”の写真
このページのトップへ
■ソフトウェア等
Edge 13”にはX100e同様、ThinkVantageテクノロジ関連のソフトウェアが搭載されています。
例えば、日常的にマシンで使用する接続関連の機能を管理する「Access Connections」や、 バックアップや復元を容易に行う事のできる「Rescue and Recovery」、 アップデートツールの「ThinkVantageSystem Update」、パスワードの管理を行う「ThinkVantage Password Manager」他・・
従来のThinkpadに搭載されているThinkpad独自のソフトウェアが、 今回のThinkpad X100eやEdge 13”にも搭載されています。
ちなみに、レノボさんの別ブランドである「Ideapad」も今回のX100eやEdge 13”と同じような価格帯の製品ですが、 そちらには当然ThinkVantage関連のソフトウェアは搭載されておらず、 その代わりといっては何ですが、バックアップやシステムの管理を行う事ができる機能を持った別のソフトウェアが搭載されていました。
低価格帯の製品にそういったソフトウェアが付属しているというだけでも十分親切だと思いますし、 機能も使い勝手も悪いという事は一切ありません。 しかし、やはりThinkpadに搭載されている多機能なツールに適うものではなく・・・・
今回の新製品X100eやEdge 13”も価格だけをみればIdeapadと同じカテゴリではあるのですが、 Ideapadとは異なり従来のThinkpadの様々なツールをそのまま使えるとあって、 非常にコストパフォーマンスの高い製品だと感じています。
もちろんそう思うのは、ソフトウェアだけなく堅牢性や操作性など、全ての面を視野に入れての事です。
ThinkPad Edge 13”の写真
このページのトップへ

Edge 13”の主なスペックについては以上となります。
ThinkPad Edgeのモデル一覧・スペック等の詳細をLenovoで見る
引き続いて次の記事では、Edge 13”のベンチマークテストの結果を掲載したいと思います。
グラフィックスに関しては、X100eもEdge 13”もチップセット付属のものを使用していますので、 結果は余り芳しくはありませんが・・
これまでにベンチマークを行った他機種のデータも比較として掲載しますので、 宜しければご覧下さい。
※掲載している製品の情報に関しては正確性を保証するものではありません。 ThinkPad Edge 13”の正確なスペックや機能、価格については、 下記の製品ページでご確認下さい。
このページのトップへ
【さらに詳細な情報】
Lenovoの製品全般・最新のキャンペーンについては・・
レノボ 最新のキャンペーン情報

上でご紹介しているモデルの詳細は・・
ThinkPad X100e
ThinkPad Edge
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2010.02.08 Monday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/677
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.