Thinkpad Edge 13” 低価格で高い堅牢性を確保 まとめその2

前回の記事ではデザインやキーボードのレイアウトなど、 主に外観にあたる部分についてのまとめや感想を掲載しました。
デザインに関しては記事内でも述べた通り、 今回の新製品Edge 13”やX100eを従来のモデルと比較すると、 同じシリーズとは思えない程大幅な変更があちこちに施されており、 この変化については賛否両論分かれる所だと思います。
一方で、変化した部分は外観だけではありません。
Thinkpadといえば優れた操作性に加え、非常に高い堅牢性なども持ち合わせている事で評価を得ていますが、 その堅牢性を今回のモデルでも実現するために、 目に見えない内部の素材や構造などにも多数の工夫が施されています。
今回のモデルは低価格をコンセプトの一つとしているだけに、 筐体に使用する材料のコスト削減など最低限妥協しなくてはならない部分があります。
高価な素材を使用すればそれなりの剛性を確保できる事は間違いないと思うのですが、 その素材に安価な材料を使わざるを得ないEdge 13”やX100eは、 普通に考えると従来のモデルよりも確実に強度や耐久性が劣るはずです。
しかし、実際の商品では従来のThinkpadの堅牢性をそのまま引き継いでおり・・
その理由として、内部の構造に様々な工夫を凝らした事等があげられるのですが、 あまり強度の高くない素材に耐久性を持たせる工夫とは、一体どのようなものなのでしょうか?
今回の記事では、そういった内部に施された工夫などを中心にまとめてみたいと思います。
宜しければご覧下さい。
ThinkPad Edgeのモデル一覧・スペック等の詳細をLenovoで見る

このページのトップへ

Edge 13” マシン内部の構造に施された工夫

今回のモデルは従来のThinkpadとは異なり、 コストの関係でボディを構成するパーツのいくつかに安価な素材が使用されています。
製品開発の方曰く、それらの部品は間違っても強度が高いとはいえないような素材でできており、 それ単体では、マシンのボディに使用する素材としては耐久性などの面で大きな不安が残ります。
しかし、それらの部品の形状や組み方に工夫を施すことによって、
構造自体に強度を持たせたのだとか。
例をあげると・・
・ディスプレイのカバー(トップパネル)にドームのような形状を採用
・ボディのベースカバーの開口部分の全てに縦壁を立ち上げた
・ハードディスクブラケットの取付け部分にステンレスを使い、スプリング構造にした
このページのトップへ
ディスプレイに関しては、トップパネルにドーム形状を取り入れる事によって、 ディスプレイが外部からの圧力で破損する事を防いでいます。
通常のカバーで従来の剛性を確保するには、 周辺の素材に高価な金属や複合材料を使用する必要がありますが、 今回の製品のようにカバーにドーム形状を採用する事により、 そういった高価な素材の使用を最低限に抑える事ができます。
なお、ドーム形状と言っても、目視ではわからないほどのわずかな反りです。
次にべースカバーですが、
こちらはいくつかの部品を重ね合わせて作られています。
上にも書きましたが、これらの部品の中には安価な素材が材料として使用されているものもあり、 一つ一つの部品に関しては耐久性もそれほど高くありません。
ですが、ベースカバーの開口部に縦壁を立上げ各部品を固定する事によって、 構造自体に従来の耐久性を確立しています。 この耐久性は、単独の部品では到底実現する事ができません。
このページのトップへ
さらにHDDに関しても、ブラケットの取り付け部にステンレスを用い、 スプリング構造を採用する事によって、強度を確立しています。
このように、様々な部分に工夫が凝らされているのを見て取れる今回のThinkpad、 実際は上に書いたような単純なものではないと思いますが、 価格が低くても従来のマシンとなんら変わらない堅牢性を備えている事がわかっていただけるかと思います。
ちなみに、Thinkpadには必ず実施されるという品質テストですが、 もちろん Edge 13”やX100eはそれらをクリアしています。
ThinkPad Edgeのモデル一覧・スペック等の詳細をLenovoで見る
Thinkpad Edge 13”関連の写真

Thinkpad Edge 13”関連の写真
このページのトップへ

Edge 13”のまとめは以上となります。
(製品の特徴などに関しては、X100eも含めてのものとなっていますが・・)
かなり長くなりましたが、とりあえずこれでThinkpad新製品についての記事は終わりです。
製品としては、非常にコストパフォーマンスも高く優秀だと思いますが、 スペックに関しては製品の価格帯なりの性能ですので、必要でない方には不必要なマシンだと思います。
私自身もこのカテゴリの製品は特に必要なく、先でも多分必要になる事はないのではないかと思っていますが、 もう少しパフォーマンスの高いモデルが出ればわかりません。
ネットブックよりも高性能で、 かつ低価格モデルを探しの方にはちょうど良い位置にあるマシンではないでしょうか。
このページのトップへ

次の記事は、先日発表されたパナソニックの春モデル新製品、 軽量・長時間駆動で高い人気を誇るレッツノート新製品のご紹介をしたいと思います。
先週行われた秋葉原での新製品イベントで、 製品開発の技術者やスタッフの方にお聞きした製品についての特徴をはじめ、 実際に目の当たりにした品質テストの様子等も掲載します。
宜しければご覧下さい。
※掲載している製品の情報に関しては正確性を保証するものではありません。 ThinkPad Edge 13”の正確なスペックや機能、価格については、 下記の製品ページでご確認下さい。
このページのトップへ
【さらに詳細な情報】
Lenovoの製品全般・最新のキャンペーンについては・・
レノボ 最新のキャンペーン情報

上でご紹介しているモデルの詳細は・・
ThinkPad X100e
ThinkPad Edge
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2010.02.16 Tuesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/680
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.