Let'snoteの堅牢性は? 防滴・耐圧・落下試験の様子

Let'snote 9シリーズ
レッツノート 2010年春モデル新製品 9シリーズのご紹介の続きです。
前回の記事「Let'snote 9シリーズ 春モデルの特徴のまとめ」では、 新製品R9 F9 S9 N9シリーズの見所となる主な特徴を掲載しました。
今回の記事では、それらレッツノートが製品化し私達の手元に届く前に、 必ず行われているという品質試験の様子を掲載したいと思います。 (※一応、製品自体・製品内容のご紹介は前回で終わりのつもりでいるのですが、 記事はしばらく続きます。)
前記事にも書きましたが、 普段見る事は多分殆ど無いと思われる品質試験の一部を、 レッツノート新製品のイベント会場で見る事ができました。
実際には、当日行われたよりも数多くの厳しい試験を行うのだとは思いますが、 それらのテストを実際に目にする事ができたというのは貴重な経験です。

このページのトップへ

レッツノート 品質試験の様子

当日、イベント会場で行われた品質テストは3点(多分)。
ある程度の高さからマシンを落下させる「落下試験」と、 筐体を強い力で圧迫する「耐圧試験」、そしてマシンのキーボード上に一定の水を流して水こぼしの場面を再現し、 防滴性能を確かめる「キーボード全面防滴試験」です。
映像ではなく写真なので、様子がわかりにくい部分もあるかと思いますが、 撮影したものを一通り掲載します。
■落下試験
専用の機器でレッツノートを一定の高さから落下させ、その後の動作を見ます。 もちろん、落下時にはマシンは起動させたままです。
Let'snote 9シリーズ
落下試験に使用される専用の機器です。
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
76cmだったでしょうか?
テーブルの高さが大体それ位だそうで、使用中にテーブルから落とす場面などを想定しています。
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
始める前にスタッフの方が備え付けられたレッツノートを確認・・
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
マシンは起動した状態です。
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
展開が早すぎますが、落下しました。
一瞬でしたが、落下した時にすごい音がしたので、 日常で同じような場面があったとしたら、私だったら故障を覚悟すると思います。
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
落としたマシンを開いてみましたが、マシンは起動したままで不具合などは見られません。
まあ一度だけなら運が良かったのかなと思わなくもないですが、 パナソニックさんの厳しい品質基準を考えると、 繰り返しテストされているんだろうと思います。
ただ、一応不具合などは無く動作していますが、万が一という事もあるので、 落下や強い衝撃などを与えてしまった場合には、 いつ不具合が出ても良いように速やかにデータのバックアップをとるなどの対策を講じた方が良いと思います。
このページのトップへ
■耐圧試験
日常、満員電車などで筐体が圧迫された場合の耐圧性能を確認するテストです。 通常このくらいの力で圧迫されるであろうと想定される以上の力で、起動しているマシンの筐体を圧迫します。
ここでは、筐体の上に男性が乗りました。
(スタッフではなく、イベントを見に来ていた一般の方です)
Let'snote 9シリーズ
この機器は、重さを計測する為のもの。
マシンを乗せ、その上に人が乗ります。
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
もちろん、レッツノートは起動した状態です。
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
マシンの上に男性が乗りました。
写真や映像に撮られるのが嫌だったので言いませんでしたが、実はちょっと乗ってみたかったかも・・・
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
約75キロの重量がマシンの上にかかっています。
通常のテストでは、100kgの加圧を行うそうです。
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
男性が降りた後マシンを確認してみましたが、どこにも不具合は見られません。
このページのトップへ
■キーボード全面防滴試験
そして最後は防滴試験。
マシンを使用する環境は人それぞれだと思いますが、 コーヒーなどの飲み物を飲みながらパソコンをする方は多いのではないでしょうか?
私もいつもコーヒーを飲みながら仕事をしていますが、 幸い、まだマシンの上に水気のあるものをこぼした事はありません。 すぐ横にこぼれた事はありますが・・・
レッツノートは、万が一マシン上に飲み物をこぼしてしまった場合でも、 できるだけマシンの内部を水から守る事ができるように、 キーボードから底面まで抜ける防滴用の穴を設けています。
この防滴試験では、実際に起動時のマシンの上に水を流し、データなどに影響が無い事を確かめます。

Let'snote 9シリーズ
ここで防滴試験を行います。
もちろん防滴試験時にも、マシンは起動させたままです。
ちなみに「頑丈試験」と書かれたプレートが置かれていますが、 パナソニックさんではこういった品質試験の事を「頑丈試験」と呼ぶようです。
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
マシンの下のケースには丸い穴が設けられており、 マシンから抜けた水が下に落ちるような構造になっています。
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
ペットボトルに入った水を流します。
かなりの量の水を流していました。
もしも日常で飲み物などをこぼした場合にも、これだけの量の水がマシンに流れる事は無いと思います。
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
水がマシンから抜け、ケースの下部に流れています。
このページのトップへ

Let'snote 9シリーズ
ある程度の水を流し終えた後、レッツノートを確認してみましたが、 どこにも不具合などは見られません。
このページのトップへ
ちなみに、水をこぼしても絶対に大丈夫だというわけではなく、 水のこぼし方や量によっては確実にデータが守られるとは限りません。
できるだけ水が内部に影響を与えないような構造になってはいますが、 万が一水をこぼしてしまった際には、できるだけ素早く水を取り除くと共にデータを安全な場所へ移し、 修理に出してください、との事です。
このページのトップへ

レッツノートの品質試験の様子については以上となります。
持ち運んで使用するというマシンの性質上、 注意していてもうっかり・・という事があると思います。
私自身は結構慎重派なので、これまでに「しまった!」なんて状況に陥ってしまった事はまだ無いのですが、 ヒヤッとする事は何度もあります。
こういった試験を行っているとカタログやウェブで謳っている各メーカーのノートが、 それぞれどの程度の強度・耐久性を持っているのかは知りようが無いのですが、 少なくとも自分の目で見たものに関しては信頼できると思います。 (Thinkpadに関してもそうです)
このページのトップへ

次回の記事ですが・・・
今回発売された春モデル(9シリーズ)を購入する場合、 店頭もしくはウェブ(マイレッツ倶楽部)での購入など複数の選択肢がありますが、 実は店頭モデルとマイレッツ倶楽部モデルは基本的に仕様が同じではありません。
実際に手にとって見る事のできる店頭のほうが良いのでは?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、 構成内容やカスタマイズの柔軟性など、実物を見る事ができないという点を考慮しても、 私的には圧倒的にウェブモデルの方が優秀だと思います。
そういうわけで次の記事では、ウェブモデル(マイレッツ倶楽部モデル)が店頭モデルとどのように異なるのか、 どういった部分が優れているのかという部分について触れてみたいと思います。
このページのトップへ
マイレッツ倶楽部
Let'snote 9シリーズ ラインアップ

記載の情報は構成や時期によって変わる為、参考程度にお願い致します。
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2010.02.25 Thursday | Panasonic【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/687
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.