Thinkpad SL510の性能 ベンチマーク結果は?

Thinkpad SL510でベンチマークテストを行ってみました。
ThinkPad SL510の情報
前回はSL510の主なスペックなどを掲載しましたが、 今回はベンチマークテストを行ってみましたので、 そのスコアを掲載します。
なお、現在ウェブで販売されているSL510は Celeron T3000 や 3100を搭載したモデルですので、 Core2 Duo P8700を搭載した今回のマシンよりも、性能面では劣ると思います。
ですのでベンチマークのスコアは、前回掲載したスペックでこの程度のパフォーマンスが出るんだという、 大体の目安としてご覧いただければと思います。
→ ThinkPad SL510シリーズの詳細を公式サイトでみる
では以下、Thinkpad SL510 のベンチマーク結果です。

このページのトップへ
前回の記事にも掲載しましたが、
今回掲載しているSL510の構成を簡単に記載しておきます。
OS: Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ: Core 2 Duo P8700
グラフィックス: GMA 4500MHD
メモリ: 2GB
スペックの詳細については「Thinkpad SL510 低価格高性能15.6型ノートのスペックは?」をご覧下さい。
このページのトップへ
ThinkPad SL510での エクスペリエンス・インデックスの結果
プロセッサ:  5.4
メモリ(RAM):  5.4
グラフィックス:  4
ゲーム用グラフィックス:  3.4
プライマリ ハードディスク:  5.8
エクスペリエンス・インデックスのスコアです。
今回のSL510では、基本スコアが3.4(ゲーム用グラフィックス)。
ちなみに、少し前に掲載したT510のスコアは・・
プロセッサ:  6.5
メモリ(RAM):  5.5
グラフィックス:  3.9
ゲーム用グラフィックス:  4.9
プライマリ ハードディスク:  5.6
ですので、やはり最新のCore iは性能が高いと感じますが、 Core 2 Duo P8700を搭載したSL510も、そこそこパフォーマンスは良いと思います。
このページのトップへ
ThinkPad SL510での CrystalMark 2004R3の結果
Mark 各ベンチマークの合計 =  80381
ALU プロセッサの整数演算速度 =  24988
FPU プロセッサの浮動小数点演算速度 =  22597
MEM メモリ =  12613
HDD ハードディスク =  9011
GDI 2Dグラフィック =  7309
D2D 2Dグラフィック =  1739
OGL 3Dグラフィック性能 =  2124
SL510で実行した、CrystalMark 2004R3のスコア。
エクスペリエンス・インデックスのスコア同様、グラフィック関係のスコアが低いですが、 ゲーム等を行うのでなければ、特に日常的な作業をするに当たって問題となるような性能ではないと思います。
プロセッサなどの値はそこそこ高めです。
このページのトップへ
ThinkPad SL510での 3DMark06の結果
3DMark score =  1014
SM 2.0 Score =  322
SM 3.0 Score =  387
CPU Score =  2161
3D系のベンチマークプログラム、3DMark06のスコアです。
3D性能が高くなければ高スコアを出すのは難しいベンチマークですので、やはりスコアは高くはありません。
実際の映像のデモにおいても、所々映像が途切れるなど、
スムーズに再生する事が出来ませんでした。
ちなみにCore i5を搭載したT510の3DMark06のスコアは・・
3DMark score =  1576
SM 2.0 Score =  466
SM 3.0 Score =  642
CPU Score =  2808
のような感じとなります。
かなり快適なパフォーマンスのT510がこのスコアですから、特にSL510が低性能というわけではありません。
ただ両モデルとも、高い3Dの処理性能を必要とするゲームやアプリケーション等には向きません。
このページのトップへ
ありきたりなコメントとなってしまいますが、上記をまとめると・・
通常の作業(ネット、メール、文書作成や編集)では特にストレスを感じるような性能ではありませんが、 3Dゲーム等は難しいです。
それ程高い3D性能を必要としないゲームであれば、無理にやって出来ない事はないパフォーマンスではあると思いますが、 今回のSL510は、一般的によく使用されるような用途に向く構成のモデルだと思います。
このページのトップへ
Sl510のベンチマークの結果は以上です。
ちなみに何度もしつこい位に記載していますが、
今回掲載しているSL510は、ウェブで販売されているものとは構成が異なります。
現在購入できるモデルは Celeron T3000(1.80GHz)や T3100(1.90GHz)といったプロセッサが搭載されており、ここに掲載しているSL510よりパフォーマンスは落ちます。
ですが非常に低価格(最小4万円台)ですし、光学ドライブなども搭載されているので、 日常的な作業に使用するコストパフォーマンスの高い14〜15型のノートをお探しの方には最適です。
では次回は、Thinkpad SL510の外観や性能等などの特徴をまとめてみたいと思います。
【さらに詳細な情報】
Lenovoの製品 クーポンはこちら
Lenovo Eクーポン一覧・セール情報

上に掲載しているモデルの詳細は・・
ThinkPad SL510シリーズの詳細(公式サイト)
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2010.07.28 Wednesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/717
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.