SL510の外観・スペック・性能など レビューまとめ

これまでに記事にした、Thinkpad SL510のレビューのまとめです。
SL510の外観やスペック、パフォーマンスなどの詳細を簡潔にまとめてみました。
ThinkPad SL510
インターフェース等の配置に加え、掲載しているSL510のスペック、またそのSL510の実際のパフォーマンスなど、 SLのイメージが簡単に掴めるように主な特徴だけを掲載しています。
更に詳細を知りたい方は、上記に記載したこれまでの記事か、公式サイトの情報をご参照下さい。
→ ThinkPad SL510シリーズの詳細を公式サイトでみる
では以下、Thinkpad SL510 のまとめです。

このページのトップへ
ThinkPad SL510 左
ThinkPad SL510 右
ThinkPad SL510 前
ThinkPad SL510 背面
ThinkPad SL510 キーボード
ThinkPad SL510 ディスプレイ(本来は光沢)
【左側面】
VGA、eSATA/USBのコンボポート、LAN、HDMI、マイク入力、ヘッドフォン出力。
【左側面】
無線LANのオンオフスイッチ、USB2.0ポート×2、7in1メディアカード・リーダー、 DVDスーパーマルチドライブ、電源。
【前面】
インジケーターランプ、スピーカー。
【背面】
USB2.0、セキュリティー・キーホール。
【キーボード】
6段配列のキーボード、左右のベゼルにミュートやThinkVantage等、各種ボタンを配置。
【ディスプレイ】
15.6型HD(1366×768)、光沢液晶。
(写真は写りこみがひどかったので修正。本来は光沢です)
このページのトップへ
次に記事に掲載しているSL510の構成です。
なお、この構成のモデルは現在では販売されていません。
・型番  28474ZJ
・OS  Windows 7 Professional 32bit
・プロセッサ  Core 2 Duo P8700(2.53GHz/L2:3MB)
・チップセット  GM45
・グラフィックス  GMA 4500MHD
・ストレージ  250GB HDD(5400rpm)
・メモリ  2GB(2GB×1、DDR3、最大で8GB)
・ディスプレイ  LEDバックライト搭載 15.6型HD(1366×768) 光沢あり
・ワイヤレスLAN機能  WiFi Link 5100(802.11a/b/g/n)
・光学ドライブ  DVDスーパーマルチドライブ
・バッテリー  6セル(バッテリー駆動時間:約4時間)
・サイズ  387 × 247 × 32〜36(mm)
・重量  約2.56kg
現在はCore 2プロセッサを搭載したSLシリーズは販売されておらず、 デュアルコアのCeleronを搭載したモデルのみの販売となっています。
光学ドライブを搭載していながら、非常に低価格です。
このページのトップへ
次に、上に記載した構成のSL510のパフォーマンスです。
ここではエクスペリエンス・インデックスを掲載します。
その他のベンチマーク結果を知りたい方は、 前記事のSL510のベンチマーク結果をご参照下さい。
プロセッサ:  5.4
メモリ(RAM):  5.4
グラフィックス:  4
ゲーム用グラフィックス:  3.4
プライマリ ハードディスク:  5.8
Core 2 Duo P8700を搭載したSL510の基本スコアは、ゲーム用グラフィックスの「3.4」。
グラフィックスはチップセット内蔵のものを利用しているので、相応のスコアだと思います。 プロセッサのスコアはそこそこ高く、実際の使用においても快適です。
3Dゲーム系のベンチマークなどは、やはり高い処理能力を必要とされる3Dゲームにおいては、 全く使い物にならないという感じですが、比較的負荷の低い3Dゲームなどだと、 なんとかプレイできてしまうような感じのものもあります。
このモデルでゲームはしないと思いますが、 比較的パフォーマンスの高い構成ですので、日常的な作業においては特に不足はないでしょう。
このページのトップへ
ちなみに、「不足はない構成」と言っても、上記の構成のモデルは現在では販売されていませんので、 この構成を入手する事は難しいと思います。
前の記事でも何度も書いていますが、 現在販売されているSLシリーズには、Celeron T3000やT3100などのデュアルコアプロセッサが搭載されています。
Core 2 Duo P8700を搭載したSLよりも、やはりパフォーマンスの面では劣るとは思いますが、 価格がとても安い事、また劣るといっても昔のCeleronとは違うので、 そこそこの性能を発揮できるのではないかと思います。
14、15型のマシンをお探しの方で、さほど重い処理は行わない(日常的な作業程度)というのであれば、 現在破格で販売されているThinkpad SLシリーズは最適なモデルだと思います。
ちなみにパフォーマンスはそれなりに重視、かつ価格にも妥協できないという方は、 掲載しているSLシリーズの後継モデル「ThinkPad Lシリーズ」 をお勧めします。
LシリーズとSLシリーズは、現在の所ベース価格が大体1万程異なりますが(Lが高い)、 Lシリーズは最新のCore iプロセッサを搭載しています。
最小構成でもそこそこパフォーマンスは高い(少なくともCeleronを搭載したSLよりはかなり高い)のに、 非常に低価格なコストパフォーマンスの高いモデルです。
このページのトップへ
Sl510のレビューは以上となります。
私的にはSLシリーズよりも、後継のLシリーズの方が魅力です。
若干SLよりも価格は上になりますが、上といっても最小構成モデルを比較した場合、1万程度高いだけですし、 価格以上のパフォーマンスを得る事が出来るモデルです。
何が何でも低価格な事が条件、また性能がそこそこのモデルでもOKという方は、 SL(デュアルコアのCeleron搭載)が適していると思います。
では次回は、Thinkpadの中では最上位の構成を持つモデル、 Thinkpad W510のレビューを掲載していきたいと思います。
【さらに詳細な情報】
Lenovoの製品 クーポンはこちら
Lenovo Eクーポン一覧・セール情報

上に掲載しているモデルの詳細は・・
ThinkPad SL510シリーズの詳細(公式サイト)
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2010.07.30 Friday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/718
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.