Thinkpad W510 の実際のパフォーマンスは?

前記事のW510のスペックに続いて、 今度は Thinkpad W510 の性能面について触れてみたいと思います。
ThinkPad W510 基本情報
モバイル・ワークステーションと呼ばれるこのWシリーズ、 Thinkpadで最も高性能な構成が可能なノートPCのシリーズとだけあって、 やはり実際のパフォーマンスも非常に高いです。
今回掲載しているW510は、W510シリーズの中では標準的な構成のマシンですが、 それでも他のシリーズに比べるとかなり高いパフォーマンスを発揮する事が可能となっています。
というわけで以下、W510のエクスペリエンスインデックスのスコアや、 ベンチマーク結果等を掲載してみました。
→ ThinkPad Wシリーズの詳細を公式サイトでみる

このページのトップへ
前の記事にも掲載していますが、一応今回のW510の簡単なスペックを掲載しておきます。 詳細なスペックについては、前記事に掲載したW510のスペックをご参照下さい。
OS: Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ: Core i7-720QM(1.60GHz/L3 6MB/1333MHz)
グラフィックス: NVIDIA QuadroFX 880M(VRAM:1GB)
メモリ: 4GB(2GB×2、DDR3)
このページのトップへ
ThinkPad W510のエクスペリエンス・インデックススコア
プロセッサ:  7
メモリ(RAM):  7
グラフィックス:  6.4
ゲーム用グラフィックス:  6.4
プライマリ ハードディスク:  5.9
ThinkPad W510のエクスペリエンス・インデックススコア。
基本スコアはハードディスクの5.9という数値で、やはりスコアはどれも非常に高いです。
大抵のシリーズ(Thinkpad)では、標準的な構成であればグラフィックス関係のスコアが基本スコアとなる事が多いのですが、 このW510は標準的なスペックだといっても外付けのグラフィックスカード(NVIDIA QuadroFX 880M)を搭載している為、 グラフィックス関係のスコアは両者とも「6.4」という高い数値となっています。
このページのトップへ
ThinkPad W510での CrystalMark 2004R3の実行結果
次に、CrystalMark 2004R3の実行結果です。
Mark 各ベンチマークの合計 =  161245
ALU プロセッサの整数演算速度 =  31079
FPU プロセッサの浮動小数点演算速度 =  29017
MEM メモリ =  19845
HDD ハードディスク =  10670
GDI 2Dグラフィックス =  7781
D2D 2Dグラフィックス =  7563
OGL 3Dグラフィックス性能 =  55290
エクスペリエンス・インデックスのスコアの詳細版のような感じの結果です。
見てのとおり、どのスコアも非常に高い事が分かります。
特にOGL(3Dグラフィックス)のスコアが「55290」と飛びぬけて高く、
W510のグラフィックス性能をうかがわせる内容となっています。
このページのトップへ
ちなみに、内蔵型グラフィックスを使用したT510のスコアはというと・・
Mark 各ベンチマークの合計 =  105553
ALU プロセッサの整数演算速度 =  33041
FPU プロセッサの浮動小数点演算速度 =  33382
MEM メモリ =  18671
HDD ハードディスク =  7495
GDI 2Dグラフィックス =  8917
D2D 2Dグラフィックス =  1765
OGL 3Dグラフィックス性能 =  2282
プロセッサのスコアに関しては、W510は低電圧版のプロセッサを使用しているからか、 T510の方がスコアが若干上となっているのですが、グラフィックス性能は比較になりません。
このページのトップへ
ちなみに、このT510の主な構成はこのような感じになります。
OS: Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ: Core i5-520M(2.40GHz TB時最大2.93GHz、L3:3MB)
グラフィックス: インテル HD グラフィックス
メモリ: 2GB(2GB×1、DDR3)
こちらのT510もW510と同様 15.6型の液晶を搭載しており、構成もTシリーズでは大体標準的なものとなります。
このページのトップへ
ThinkPad W510の 3DMark06の実行結果
次に、3DMark06の実行結果です。
3DMark score:  7008
SM 2.0 Score:  2844
SM 3.0 Score:  2742
CPU Score:  2863
特に3Dグラフィックス性能の高いW510ですので、3DMark06のスコアも高いです。 (3DMark06は主に3Dグラフィックス性能を測る)
このページのトップへ
ちなみに先ほども掲載した、T510のスコアは・・
3DMark score:  1576
SM 2.0 Score:  466
SM 3.0 Score:  642
CPU Score:  2808
T510はCPU内蔵型のHD グラフィックスを使用しています。
従来のチップセット内蔵型のグラフィックスに比べると、かなり高いスコアだと思いますが、 グラフィックスカード(NVIDIA QuadroFX 880M)を搭載したW510のスコアと比較すると、 やはりかなり低いです。
このページのトップへ
ちなみに上で比較に出したT510が、W510よりも低スコアだと言っても、 T510は日常的な作業においては非常に快適に使用することの出来る構成です。
3Dゲームや、高いグラフィックス性能を必要とするアプリケーション等を動かすには、 やはり少々スペック不足かもしれませんが、簡単な3Dゲームであれば普通に動作するくらいの能力はありますし、 一般的な作業においてはかなりパフォーマンスは高いです。
T510がそのような感じですので、W510がいかに高性能かがうかがい知れると思います。
W510は日常的な作業はもちろん、3Dゲーム、 CAD等の処理能力を必要とするアプリケーションなどを使用される方に最適なマシンです。
このページのトップへ
W510の性能については以上となります。
次回の記事では、W510に搭載されたWシリーズならではの機能「カラーキャリブレーション」 の使用の実際について、色々と掲載してみたいと思います。
興味があればご覧下さい。
【さらに詳細な情報】
Lenovoの製品 クーポンはこちら
Lenovo Eクーポン一覧・セール情報

上に掲載しているモデルの詳細は・・
ThinkPad Wシリーズの詳細(公式サイト)
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2010.08.11 Wednesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/722
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.