Thinkpad W510 の内容と使い勝手のまとめ

これまで記事にしてきた Thinkpad W510 の総合的な内容と、 実際に使ってみて感じた操作感等の使い勝手を、簡単にまとめてみました。
W510左側面の写真
上記の記事の内容を簡単にまとめます。 各項目の詳細を知りたい方は、上に記載したW510の記事をご参照下さい。
では以下、W510の内容のまとめと使用してみた感想です。
→ ThinkPad Wシリーズの詳細 (公式サイト)

このページのトップへ
まずはじめにW510の外観です。
W510の左側
W510の右側
W510を前から
W510の背面側
W510のキーボード
W510
【左側面】
ディスプレイポート、VGA、USB3.0ポート×2、USB/eSATAコンボポート、IEEE1394、 無線LANのオンオフ、スマートカードスロット。
現時点では、USB3.0を搭載したノートは、まだThinkpadでは他にはなかったのではないかと思います。
【左側面】
ExpressCard、5in1マルチメディアカード、マイク&ヘッドフォン・コンボジャック、 光学ドライブ、LAN、セキュリティースロット。
【前面】
開閉ラッチのみ。他にはなにもありません。
【背面】
Powered USB、モデム、バッテリー、AC電源。
【キーボード】
7段配列、EscとDeleteキーが縦長のThinkpadキーボードです。
【ディスプレイ】
LEDバックライト搭載の 15.6型HD+(1600×900ドット、非光沢)液晶を搭載。
このページのトップへ
次にThinkpad W510の主な構成です。
型番: 431946J
OS: Windows 7 Professional 32bit
プロセッサ: Core i7-720QM(1.60GHz/L3 6MB/1333MHz)
チップセット: QM57
グラフィックス: NVIDIA QuadroFX 880M(VRAM:1GB)
ストレージ: 500GB HDD、7200rpm
メモリ: 4GB(2GB×2、DDR3、最大で16GB、スロット数4)
ディスプレイ: LEDバックライト搭載 15.6型HD+(1600×900) 光沢なし
無線機能: WIMAX/WiFi Link 6250AGN(2×2)、Bluetooth
光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
バッテリー: 6セル(バッテリー駆動時間は約3時間)
サイズ: 245.1 × 372.8 × 35.8(mm)
重量: 約2.67kg
このモデルは、W510の中では大体真ん中よりも少し上といった感じの構成で、 カスタマイズによっては更に上位のパーツを選択する事もできます。
あと、液晶にはマルチタッチ対応の液晶や、フルHD等も選択可能です。
こちら(液晶)のオプションは、W510発売当初は存在しなかったものですが、 春頃に選択可能となりました。
映像関係の業務や、細かな作業を行ったりする方には、マルチタッチやフルHD搭載の液晶は、 重宝するのではないかと思います。
このページのトップへ
次に、W510のエクスペリエンス・インデックスのスコアです。
その他の詳しい性能・・ベンチマーク等の結果については、Thinkpad W510 の実際のパフォーマンスは? に掲載している各ベンチマークテストのスコアをご覧下さい。
プロセッサ:  7
メモリ(RAM):  7
グラフィックス:  6.4
ゲーム用グラフィックス:  6.4
プライマリ ハードディスク:  5.9
最近のマシンに搭載されているインテルのCore iプロセッサは、 下位か上位のモデルかによってかなり性能差はあるものの、これまでのものに比べると 総じてパフォーマンスが高いのが特徴。
このW510では Core i7-720QM という低電圧のプロセッサを搭載しており、 低電圧といってもやはりCore i7ですので、上記のスコアも7と高数値です。
グラフィックスに関しては、CPUやチップセット内蔵型のグラフィックスを使用している場合、 グラフィックス性能がエクスペリエンス・インデックスの基本スコア(スコアの中で一番低い数値)となる事が多いのですが、 このW510には NVIDIA QuadroFX 880M(VRAM:1GB) という高性能グラフィックスが搭載されており、 非常にグラフィックス性能が高いです。
スコアだけではなく、実際の3D系のベンチマークなどでも非常にパフォーマンスが高く、 3D性能が必要とされるアプリケーションでも余裕で動作させる事が可能です。
このページのトップへ
最後に、使用感を簡単にまとめてみたいと思います。
キーボードの操作に関しては、やはり定評のあるThinkpadという事と、 自分がThinkpadのキーボード操作に慣れているという事もあり、 以前から使用していたような感じの慣れた使い心地で操作が行えました。
上でも述べましたが、このキーボードはEscとDeleteキーが縦長になった新しいタイプのキーボードで、 特にDeleteキーを多用する私には使いやすいです。
マシンの画面サイズに関しても15.6型で高解像度ですので、見やすいです。
(更に高解像度のフルHDも選択可能)
というわけで、使い勝手に関しては全く問題ありません。
価格に関しては、やはり内容によっては高額になってしまいますが、 それ程高値ではない最小構成のモデルでも、そこそこのパフォーマンスを持っていると思われます。
拡張性もありますので、パフォーマンスの高いモデルを長く使いたい、という方に最適です。
このページのトップへ
ただやはり15.6型ですので、重量が約2.67kgと携帯には適していなく・・
一応Wシリーズでは、17型のW701は完全にプロフェッショナル仕様で、
サイズを考えても据置いての使用が想定されるモデルです。
それに対し、この15.6型のW510はプロフェッショナル向けでもありますし、
ただハイパフォーマンスなモデルが欲しい方にも適しており、 Wシリーズで15.6型と17型の2モデルがラインアップされている事を考えると、一応W510は携帯を想定してのサイズのようです。
人にもよると思いますが、W510は携帯するにはギリギリ可能だと思われる重量ですので、 普段は据置き使用、長期の外出や仕事などでパフォーマンスの高いマシンが必要になる場合に、 携帯する・・という使い方が良いのではないかと思ったりします。
ちなみに海外ではこの位のサイズのマシンを携帯するのは普通だとの事ですが、 自分にはちょっと難しいかもしれません。 Xシリーズでも長時間携帯すると重いなあと感じているので、自分にとっては完全に据置き使用のモデルです。
このページのトップへ
W510のレビューは以上となります。
なお、Wシリーズは高額モデルですので、 できるだけクーポンの割引条件の良い時に、クーポン利用でご購入されるのがお得です。 というわけで、購入をご検討の方はクーポンのチェックを忘れないようにしてください。
【さらに詳細な情報】
Lenovoの製品 クーポンはこちら
Lenovoのクーポン一覧

上に掲載しているモデルの詳細は・・
ThinkPad Wシリーズの詳細(公式サイト)
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2010.08.18 Wednesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/724
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.