最も軽量な Thinkpad X201sレビュー X201と比較してみました

X201に似ているけれど同じではない、Thinkpad X201sのレビューです。
タイトルにも記載した通り、 この X201s は Thinkpadでは軽量なXシリーズの X201 をより軽量にしたマシン。 X201が約1.4kgであるのに対し、この X201s は約1.2kgとほんの少しですが軽量に設計されています。 (重量は構成によって変わります)
X201s
たった200gの重量差なんて大した事はないのでは? と思われる方もいるかもしれませんが、200gの重さの差は、 実際に持ち比べてみて違いを感じ取る事のできる重さです。
頻繁に持ち歩く方であれば、 少しでも軽いこのモデルはかなり貴重だと思いますし、 実際にこのモデルはThinkpadでは売上げ上位の製品だそうです。
というわけで、今回は X201s の詳細に触れてみたいと思います。
→ ThinkPad X201sシリーズの詳細を公式サイトでみる

このページのトップへ
X201s マシン全体の写真
X201sのディスプレイには、LEDバックライト付 12.1型 WXGA+(1440×900)を搭載。
このページのトップへ
X201sのキーボード全体の写真
キーボードは X201 に搭載されているものと全く同じです。
このページのトップへ
X201のキーボード全体の写真
こちら X201 のキーボード。
7段配列、トラックポイントが搭載されたThinkpadキーボードで、上のX201sのキーボードと同じです。
このページのトップへ
X201sに搭載の指紋センサー
X201s には指紋センサーを搭載する事ができます。
それもX201と同じです。
このページのトップへ
X201sの左側写真
X201sの右側写真
USB2.0が計3基、PoweredUSB、電源コネクタ、VGAポート、LANポート、無線LANスイッチ、ExpressCard ヘッドフォン出力、マイク入力、モデムポート、セキュリティ・キーホールスロット。
インターフェースは左右とも、X201と全く同じです。
このページのトップへ
X201sの前面写真
X201sの背面写真
X201sの前面には5in1メディアカードリーダー、背面は何もなしです。
上記のように、 X201s は外側から見えるインターフェース等は X201 と変わらないようです。
このページのトップへ
次に性能とパフォーマンスを見ます。
X201sのエクスペリエンス インデックスのスコア写真
プロセッサ:  6.2
メモリ(RAM):  5.5
グラフィックス:  3.2
ゲーム用グラフィックス:  4.7
プライマリ ハードディスク(HDD):  5.7
上はX201sのスコアです。
このページのトップへ
そして以下は、以前掲載したThinkpad X201のスコア。
プロセッサ:  6.6
メモリ(RAM):  5.5
グラフィックス:  4
ゲーム用グラフィックス:  4.9
プライマリ ハードディスク(HDD):  5.6
X201の方がほんの少しだけ、プロセッサとグラフィックスのスコアが高いです。
このページのトップへ
上記2モデルの、マシンの主な構成を見てみると・・
ThinkPad X201s

プロセッサ: Core i7-620LM(2GHz、TB時最大2.80GHz/L3 4MB)
チップセット: QM57 Express
グラフィックス: HD グラフィックス
メモリ: 2GB(2GB×1/最大4GB/スロット数2)
ThinkPad X201

プロセッサ: Core i5-540M(2.53GHz、TB時最大3.06GHz/L3 3MB)
チップセット: QM57 Express
グラフィックス: HD グラフィックス
メモリ: 2GB
パフォーマンスに影響するであろうパーツに関しては、 今回の X201s と前に掲載した X201 で異なる部分はプロセッサのみ。
X201sには低電圧のCore i7-620LMを搭載、 X201には標準電圧のCore i5-540Mが搭載されており、 それがエクスペリエンス インデックスのプロセッサとグラフィックスのスコアに表れているのだと思います。
※グラフィックスはCPU内蔵のものを使用しているので、グラフィックスのスコアはプロセッサの性能に影響される
上の例ではプロセッサによる性能差がみられましたが、 X201s も X201 も構成が同じであれば当然、性能も同じなわけで、 X201s は X201 の性能そのままに軽量化したモデル、という事になります。
このページのトップへ
ですが、これら2モデルで提供されているカスタマイズのオプションが異なっており、 現時点では、X201s にはプロセッサに低電圧のCore i7しか選択する事ができません。
以前は X201 ではCore i3とCore i5しかなく、Core i7というと X201s しかなかったのですが、 現在では X201 でもCore i7搭載のモデルを選択する事が出来るようになっており・・
このページのトップへ
上記の内容を簡単にまとめると、両者の違いは以下のような感じになります。
【X201】
標準電圧のCore i3・i5・i7

【X201s】
低電圧のCore i7
X201より軽量
バッテリー駆動時間がX201より少し長い
※オーディオ機能にも少々違いがあるようですがここでは言及しません
低電圧のプロセッサは、冷却関連機器の軽量化やバッテリー寿命などに貢献します。
しかしパフォーマンスは標準電圧のプロセッサよりもやや劣るといった具合に、 同じCore i7でも X201s は低電圧、X201 は標準電圧ですので、 どちらにもそれなりのメリットがあることが分かります。
このページのトップへ
X201sのレビューは以上となります。
上でも述べたように、 携帯性はX201sの方が優れていますが、操作感などは両者で違いはありませんので、 Core i7搭載のX201シリーズの購入を検討されている方は、 自分の環境にあわせて X201 もしくは X201s を選択されると良いかと思います。
・より高性能なCore i7搭載モデルはX201
・軽量化、省電力性能に優れたCore i7搭載モデルはX201s
同じCore i7搭載でしたら、両者の価格にそれ程大きな違いはないようです。 (細かく確認したわけではありませんが、さっと見たところではそのようです。 同じCore i7でも、プロセッサが低電圧・標準電圧という違いはあります)
なお、毎回記載していますが、レノボ製品を購入される場合は、 クーポンのチェックを忘れないようにしてください。 クーポンの内容によっては、製品価格に数万の違いが出る場合がありますので、 購入前には必ずクーポン確認です。
【さらに詳細な情報】
Lenovoの製品 クーポンはこちら
Lenovoのクーポン一覧

ThinkPad X201sシリーズを更に詳しく
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2010.08.25 Wednesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/726
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.