Thinkpad T510(オプティマス対応)の性能を検証してみる (PCレビュー)

Thinkpad T510は過去の記事にも載せていますが、 今回のモデルはNVIDIA社のオプティマス機能に対応したT510です。
T510
このT510に搭載されているオプティマス機能とは、 ノートPCに搭載された内蔵GPUと外部GPUの自動切換えを行う機能の事。
通常、外部GPUを搭載したノートPCは、パフォーマンスは高い代わりに バッテリー駆動時間が短くなってしまいます。
ですが、このオプティマス機能を搭載したノートPCでは必要な時のみ外部GPUを利用し、 それ以外では内蔵GPUのみの稼動となる為、バッテリーの電力を節約する事ができます。
というわけで、今回はそのオプティマス機能を搭載した T510 の特徴のまとめと、 オプティマス機能の動作などについても掲載してみました。

このページのトップへ

オプティマス搭載 T510の外観 外観は以前のモデルと同じ

外観に関しては、これまでに販売されていたT510と変わりません。
インターフェースの詳細などは、公式サイトに詳しく掲載されていますので、 ここでは簡単に触れるのみにしておきます。
T510斜め
画面は非光沢で、15.6型HD+(1600×900)を搭載。
T510では、1920×1080のフルHD液晶なども選べます。
このページのトップへ
T510左
T510前
T510右
T510背面
【左側】
ディスプレイポート、VGAポート、USB2.0×2ポート、USB/e-SATAコンボポート、 IEEE1394ポート、スマートカードリーダー
【前側】
開閉ラッチ
【右側】
5 in 1 メディアカード・リーダー、Expressカード、マイク・ヘッドフォンコンボジャック、 光学ドライブ、LANポート
【後側】
Powered USB2.0、モデム、バッテリー、AC電源コネクター
このページのトップへ
キーボード
キーボードは、縦長のDeleteキーやEscキーが採用されたThinkpadキーボードを搭載。 Thinkpadの中で最も使いやすいキーボードだと思います。
このページのトップへ
9セルバッテリー
今回掲載のモデルには、9セルのバッテリーを搭載。
9セルですので、約8.4時間と駆動時間もかなり長めです。
このページのトップへ

T510のオプティマス機能 設定は?

基本的に、このT510に搭載されているNVIDIA オプティマスを利用するにあたって、 特に何らかの設定などを行う必要はありません。
パフォーマンスが必要な時には外部GPUが自動でオンになり、 そうでない時には内蔵GPUのみの稼動となります。
ですがアプリケーションによっては、GPUの動作を制御したい場合もあると思います。
そういった場合でも、NVIDIAコントロールパネルの3D設定により、
ある程度の動作制御が可能です。
NVIDIAコントロールパネル
NVIDIAコントロールパネル。
このページのトップへ
3D設定
NVIDIAコントロールパネルの3D設定では、特定のアプリケーションごとに、 優先するグラフィックスを指定しておく事が出来ます。
このページのトップへ
また、予め指定しておく方法以外にも各アプリケーションの起動時に、 内蔵GPUのみを使用するか、外部GPUを使用するかの指定を行う事が出来ます。
アプリケーションの起動時に、動作するGPUを指定するには・・
表示メニュー
NVIDIAコントロールパネルの上部メニュー「表示」内に表示されている、 「グラフィックスプロセッサと共に・・・」という項目にチェックを入れます。
このページのトップへ
グラフィックスの指定
そしてアプリケーション実行時にアイコンを右クリック、 グラフィックスプロセッサと共に実行オプションより、利用したいグラフィックスプロセッサを選択します。
これだけでOKです。
このページのトップへ

T510のオプティマス機能 内蔵GPUと外部GPU実行時の性能の違いは?

オプティマス機能を搭載した T510では、パワーが必要な時には外部GPUがオンになり、 そうでない時には内蔵GPUのみで稼動する・・と上で述べましたが、 内蔵GPUのみでの稼動時と外部GPU稼動時のパフォーマンスには一体どの程度の差があるのでしょうか。
というわけで、内蔵GPUのみ稼動時、また外部GPU稼動時のマシンでそれぞれベンチマークのデータを計測してみました。
まず、今回のT510の構成です。
このページのトップへ
【Thinkpad T510の構成】
型番: 4349PJ4 OS: Windows 7 Professional 64bit版
CPU: Core i5-560M、2.66GHz
ディスプレイ: 15.6型HD+(1,600×900)、非光沢
グラフィックス: HDグラフィックス & NVIDIA NVS 3100m Optimus Graphics、512MB
メモリ: 4GB(最大8GB)
HDD: 320GB(7200rpm)
無線機能: Centrino Advanced-N + WiMAX 6250
光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
バッテリー: 9セル(バッテリー駆動約8.4時間)
重量: 約2.72kg
内蔵GPUは HDグラフィックス、外部GPUは NVIDIA NVS 3100m となります。
NVIDIA NVS 3100m は、ノートPCのGPUの中ではそれ程パフォーマンスが高いものではなく、 PCゲーム等をするようなグラフィックスではありません。
ですがややパフォーマンスを必要とする作業など、内蔵GPUではパワー不足だと思われるような 場面での作業をより快適にします。
というわけで以下、T510の各GPUでのベンチマーク結果です。
このページのトップへ
【3DMark06】
内蔵GPUのスコア
外部GPUのスコア
3DMark scoreは HDグラフィックス(内蔵GPU)のみが1937、
NVIDIA NVS 3100m(外部GPU)が3721。
このページのトップへ
【CrystalMark 2004R3】
内蔵GPUのスコア2
外部GPUのスコア2
3Dグラフィックスのスコアのみ、大きな差が見られます。
勿論、スコアの高いほうがNVIDIA NVS 3100m稼動時のスコアです。
このページのトップへ
【モンスターハンターフロンティア 絆】
内蔵GPUのスコア3
外部GPUのスコア3
HDグラフィックスでは765、NVIDIA NVS 3100mでは1937というスコア。
いずれにしても3Dゲームを快適に行えるレベルのスコアではないのですが、
NVIDIA NVS 3100mの方が倍以上のスコアとなりました。
このページのトップへ

オプティマス搭載 Thinkpad T510のまとめ

上記のベンチマークでは、意図的にGPUの切替を行ってプログラムを実行しましたが、 通常はGPUの切替は自動で行われる為、特にユーザー側で何かをする必要はありません。
何もしなくても快適なパフォーマンスが得られ、かつパフォーマンスが不必要な時には バッテリーの節約を行う事が出来る・・といった一連の動作がマシン側で自動で行われます。
この画期的な機能(オプティマス)は、現在のThinkpadではTシリーズにのみ搭載されている機能で、 製品購入時のカスタマイズで オプティマス搭載のNVIDIA NVS 3100m を選択すれば、 このGPU自動切換え機能を使用することが出来るようになります。
このグラフィックス(NVIDIA NVS 3100m)は決して高価なものではなく、 搭載しておくだけで非常に快適なパフォーマンスが得られる事などから、 自分としては、Tシリーズを購入するのであれば是非搭載しておきたいオプションだと考えています。
なお、オプティマスとは関係のない T510自体の使用感ですが、 Tシリーズは、元々高いパフォーマンスと優れた操作感などとても定評のあるモデルですので、 使用感に関しては今さら延べるまでもありません。
とても使いやすいモデルです。
このページのトップへ
ちなみに先日、同TシリーズのT410sが販売終了となりました。
次期モデルが控えている事より、他のT410やT510の販売も終了が近いのではないかと思われますが、 そのせいもあってこれらのシリーズは通常よりもかなり安価になっています。
ですので新しい仕様のマシンに拘らないのであれば、現在のTシリーズはかなりお買い得なモデルではないかと思います。
また、最新モデルの購入を検討されている方も、 次モデルにもオプティマス機能は搭載されているでしょうから、 性能面にはかなり期待してもよいのではないでしょうか。
というわけで、オプティマスを搭載したT510の詳細については以上となります。
細かな仕様や価格などについては、公式サイトの情報をご確認下さい。
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2011.03.23 Wednesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/753
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.