Sandy Bridge搭載 Thinkpad X220 レビュー

インテルの第2世代Core iプロセッサを搭載する Thinkpad X220 のレビューです。
X220の天板
Thinkpad X220 は先日発表され、発売開始されたばかりの Thinkpad Xシリーズの新製品。
プロセッサにはインテルのSandy Bridgeを搭載、薄型の筐体や使いやすいキーボードを採用し、 ディスプレイには12.5型のIPS液晶も用意されるなど、 従来のXシリーズと比べて様々な部分で大きく進歩したモバイルノートPCです。
今回は、このモデルの特徴や構成、性能について簡単にレビューしてみたいと思います。

このページのトップへ

Thinkpad X220 外観の特徴とインターフェース

Thinkpad X220の外観の特徴と、インターフェースの内容です。
ThinkPad X220
今回登場したThinkPad X220には、12.5型HD(1366×768)を搭載。
前モデルのX201には12.1型の液晶が採用されていたので、若干横長になりました。
が、重量は殆ど変化していません。
インターフェースの内容は、USB2.0ポートが2基、Powered USBが1基、アナログ、DisplayPort、LANが各1ポートずつ、 マイク入力とヘッドフォンのコンボジャック、ドッキングコネクタ等と、 前モデルから殆ど変化していません。(というか、多分同じ)
このページのトップへ
ThinkPad X220の左側面の様子
左側面
このページのトップへ
ThinkPad X220の前面の様子
前面
このページのトップへ
ThinkPad X220の右側面の様子
右側面
このページのトップへ
ThinkPad X220の背面
背面
このページのトップへ
ただ、デザイン面では所々に変化が見られ・・
マグネットラッチ
ThinkPad X220には従来とは異なり、開閉部に磁石を利用しています。
ラッチ部分に従来のような突起物やフックなどを使用しないことによって、 無線LANアンテナをより良い位置に搭載可能となっただけでなく、タッチパッドの幅も 広くなりました。
このページのトップへ
ThinkPad X220 Tシリーズと同じ型のキーボード
キーボードは従来のまま、7段配列の伝統のキーボードを使用していますが、 ThinkPad X220のキーボードはX201に搭載されていたものとはやや異なり、 TシリーズやWシリーズに搭載されている縦長の Esc や Delete を採用したキーボードが搭載されています。
このページのトップへ
X220のクリックパッド
また、タッチパッド部分には従来の分離型ではなく、
クリックボタンとパッド部分が一体となったクリックパッドを搭載。
一体型のタッチパッドは使い難いものが多く、 発表時、Xシリーズに一体型タッチパッドが採用された事にを知った時には驚きましたが、 実際に使ってみたところクリック部は硬くもなく、かといって柔らかすぎる事もなく 特にストレスもなく使える感じです。
私自身は、やはり分離型のタッチパッドの方が好みなのですが、 ThinkPadはトラックポイントがあるので、タッチパッド自体必要ではないという方も 多いのではないでしょうか。(どちらかというと、ウルトラナビはこれからThinkpadを使いたいと思った人向け)
※ウルトラナビ・・トラックポイントとタッチパッドの組み合わせ
このページのトップへ
このようにX220では、従来のX201と比べるとかなり変化していますが、 操作感などは変わらず使いやすいマシンです。
また重量は余り変化していませんが、標準6セルのバッテリーで最大約8.9時間のバッテリー駆動を可能にしており、 更に筐体の厚みも薄くなるなど、携帯性は大幅に向上しています。
従来のモデルが良いと(操作感など)、余り大きな変化はあって欲しくないと ユーザー側としては思ってしまいますが、今回のX220は中々良い変化を遂げており、 前モデルと同様に売れ筋の製品になるのではないかと思います。
このページのトップへ

Thinkpad X220 構成と実際の性能

掲載している Thinkpad X220の構成と性能です。
【Thinkpad X220(4290RW4)】

OS: Windows 7 Professional 32bit
CPU: Core i5-2520M(2.5GHz)
メモリ: 4GB
HD: 320GB HDD
グラフィックス: HDグラフィックス 3000
ディスプレイ: 12.5型HD(1366×768)非光沢液晶
無線機能: Centrino Advanced-N 6205 a/b/g/n +Bluetooth
バッテリー: 6セルLi-Ion(駆動時間:約8.9時間)
サイズ: 305.0×206.5×19-26.6(W×D×H/mm)
本体質量: 約1.46kg

上記構成の価格は¥196,350(税込)
但しこの価格はダイレクト価格で、実際に販売されている価格とは異なります。
※正確な価格は分かりませんが、実際は10〜11万円程度のキャンペーン価格で販売。
このページのトップへ
この構成での性能は・・
ThinkPad X220のエクスペリエンス・インデックススコア
プロセッサ:  7.1
メモリ:  5.5
グラフィックス:  4.2
ゲーム用グラフィックス:  6.3
プライマリハードディスク:  5.8
基本スコアは4.2、最も高いスコアでは7.1と高数値。
10万円弱の標準構成モデルでこのスコアですから、
新製品は平均してパフォーマンスが高いということが伺えます。
パフォーマンス重視のモデルではないですが、 従来モデルと比較すると様々な部分で内容はよくなっており、 購入を検討されている方の期待を裏切らないノートPCなのではないかと思います。
Thinkpad X220のレビューは以上です。
なお、今回は簡単なものでしたが、後日さらに詳細なレビューを掲載するかもしれません。(未定)
このページのトップへ
このThinkPad X220 にはクーポンを使うことが可能です。
購入される際には購入画面にてクーポンコードを入力することで、割引価格での購入が可能となります。
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2011.05.25 Wednesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/779
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.