ThinkPad X1 の実機レビュー

少し前に販売開始された ThinkPad X1。
X1 はThinkPadでは特に人気の高いXシリーズから出た新製品で、 XシリーズでありながらこれまでのXシリーズとは異なる特徴を持った製品です。
ThinkPad X1
今回はその ThinkPad X1の写真や使用感などを中心に、レビューを掲載してみたいと思います。

このページのトップへ

Thinkpad X1の外観をチェック 使用感は?

ThinkPad X1の外観写真と共に、内容をチェックしてみました。
ThinkPad X1 天板
X1のヒンジ
今期の新製品からLenovo ロゴが入りました。
天板デザインはこれまでのThinkPadとそれ程大きく変わりません。
ただ、ヒンジの色がこれまでのXシリーズでは金属そのまま(シルバー)の色でしたが、 この ThinkPad X1 では黒色のヒンジが採用されています。
このページのトップへ
ThinkPad X1 左側面の端子
X1 前面はなにもなし
X1の右側面インターフェース
左側のインターフェースは、USB2.0、ヘッドフォン出力とマイク入力のコンボジャック、 そして前面には何もなく、右側にはワイヤレスLAN機能のスイッチにカードスロットを搭載。
左側のUSB2.0やオーディオ端子には、カバーが取り付けられています。
このページのトップへ
背面のインターフェース
X1は背面に多くの端子を備えています。
LAN、USB3.0ポート、HDMI、mini Displayポート 、eSATA/USB2.0のコンボ、電源コネクタ。
中央、USB3.0ポートの左側に小さく見える四角いカバーの中ににはSIMカードスロット。 ですが、現時点ではこのスロットを利用するモデルは販売されていません。
このページのトップへ
X1のキーボード
アイソレートキーボード、6段配列・・と、これまでのThinkPadキーボードとはかなり違います。 まあ、X100e(今はX121e)やEdgeなどもこのタイプのキーボードだったので、 特に驚きはありません。
このページのトップへ
電源ボタンなど
クリックパッド
右端に電源ボタンやThinkVantageボタン、 そしてパッドとクリックボタンが一体となったクリックパッドを搭載。
このページのトップへ
キーボードバックライト ボタン
スペースキーとFnキーを同時に押すと、キーボードバックライトが点灯します。
このページのトップへ
キーボードバックライト点灯
このキーボードバックライトは強弱2段階の調節が可能です。
このページのトップへ

Thinkpad X1 SSD搭載 X1 の性能は?

ThinkPad X1の構成と、パフォーマンスについてです。
今回のX1、ストレージにSSDが搭載されており、実際の動作はかなり快適。
そのマシンの主な構成と、ベンチ結果などを掲載してみました。
まずは構成です。
X1 CPU-Zの内容
このページのトップへ
このページのトップへ
【Thinkpad X1(129128J)】

OS: Windows 7 Professional 64bit
CPU: Core i5-2520M(2.5GHz)
チップセット: QM67 Expressチップセット
メモリ: 4GB
HD: 128GB SSD
グラフィックス: HDグラフィックス 3000
ディスプレイ: 13.3インチ インフィニティ・ガラス(1366×768)光沢液晶
無線機能: Centrino Advanced-N + WiMAX 6250
バッテリー: 内蔵4セルLi-Ion(駆動時間:約5.8時間)
サイズ: 337.0×231.1×16.5-21.3(W×D×H/mm)
本体質量: 約1.69kg

インテルの第2世代プロセッサである Core i5にSSD、WiMAXなど、 現在 X1 で提供されている構成の中では比較的ハイスペックな内容です。
ディスプレイの項目に記載しているインフィニティ・ガラスは、 ベゼルと液晶の境の段差をなくしたフラットなデザインを指します。
バッテリーは内蔵されているので、取り外す事は出来ません。
ですが、通常のバッテリーよりも寿命が長いのが特徴です。
このページのトップへ
次に、エクスペリエンス・インデックスのスコアです。
X1 エクスペリエンス・インデックス
プロセッサ: 7.1
メモリ: 5.9
グラフィックス: 4.7
ゲーム用グラフィックス: 6.2
プライマリハードディスク: 6.8
グラフィックスのスコアが4.7と、他と比べて若干低めですが、その他のスコアは6〜7と高い数値です。
プライマリハードディスクもSSDを搭載している為、かなり高め。
数値通り、処理はサクサクと高速です。
このページのトップへ
CrystalDiskMark
CrystalDiskMarkのスコア。
ストレージのパフォーマンスを図るベンチです。
エクスペリエンス・・と同じように、SSDを搭載しているのでかなり高いスコアが出ました。 読み書きともに高速です。
このページのトップへ
モンスターハンターフロンティア 絆
モンスターハンターフロンティア 絆のベンチ。
約1500というスコアが出ました。
PCゲームには向かない構成のモデルですので、スコアは余り高くありませんが、 内蔵グラフィックスにしてはまあ低くはないでしょう。
いずれにしろ、ThinkPad X1 でPCゲームをしようと思う方は多分いないと思います。
このページのトップへ

Thinkpad X1 操作感は?

今回のX1、これまでのXシリーズとはやや違う感触のモデルですので、 やはり操作感などが気になります。
液晶が頑丈であるという事が大きくクローズアップされていますが、 自分にとっては液晶が頑丈であるよりも使い心地のほうが大事です。
最も気になるのがキーボードですが、こちらは普通だと思います。
アイソレーションタイプのキーボードのなかでは使いやすい方だとは思いますが、 どちらかというとスクエアタイプのキーボードの方が好きなので、 どっちがよいかと聞かれたら従来のキーボードと答えると思います。
ですが、別に使いにくいということはありません。 7段に慣れているのであれば、ファンクションキー周辺のキーが使いにくいかもしれませんが、 この辺は慣れれば普通に使えると思います。
あとクリックボタンが一体化されたクリックパッドですが、 こちらは正直、私には使い難いです。 クリックパッドにしては使いやすいのかもしれませんが、自分の操作の仕方では、 パッドとクリックボタンを組み合わせた操作を行うと、どうもミスが多くなってしまいます。
とはいえ、ThinkPadですからトラックポイントがあります。
日常的にトラックポイントを使用されている方であれば、全く問題ないでしょう。
このページのトップへ
今回のX1、13.3型とモバイルPCにしては小さくありませんし、 筐体の重量も約1.69kgとそれほど軽くはありません。
なので、使ってみるまでは余り良い印象を持っていなかったのですが、 実際に使って見ると、薄型であるというだけで携帯のしやすさが全く違う事に気付きました。
薄いのでテーブルからテーブルへの移動もとても楽ですし、 ThinkPadならではの堅牢性を持ち合わせていますので、薄くても安心して使用できます。 というか、少々乱暴に扱っても(↓のような感じに、ディスプレイを掴んで筐体を持ち上げるなど・・)大丈夫みたいです。
X1
価格を見ると、やや他のシリーズに比べて高めですが、
内容を良くわかっている方には価格相応のモデルではないかと思います。
勿論、購入は割引率の高いクーポンが登場する時期を狙うのがお勧めです。
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2011.07.14 Thursday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/787
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.