ThinkPad X121e を簡単にレポート

ThinkPad Xシリーズの11.6型ノートPC、「ThinkPad X121e」を簡単にレポートしてみます。
ThinkPad X121e概要
このモデルは、先日レノボの直販で発売が開始されたばかりのXシリーズ新製品。
今年の頭まで、レノボの直販で販売されていた X100e の後継の後継となる製品で、 AMDのFusion APUやインテルの第2世代Core i搭載モデルをラインアップしています。
今回は、そのThinkPad X121e の写真や概要などを簡単に掲載してみました。

このページのトップへ

Thinkpad X121e 特徴は

X121eのロゴ
X121e 斜めから
外観に関する大きな特徴は、ディスプレイに11.6型(1366 x 768)の非光沢液晶を搭載、 そしてアイソレートキーボードやクリックパッドを搭載している部分、 また写真からはわかりませんが、筐体が他のThinkPadのように180度に開かない部分などがあげられます。
180度・・は、あまり操作性などには影響しませんが、 ThinkPadならではの特徴だったので、残念に思っているユーザーもいるみたいです。
このページのトップへ
天板
天板はブラックに見えるのですが、実際は真っ黒ではなく、 薄っすら緑がかった色(モスブラック)をしています。
このページのトップへ
X121e 左
X121e 右
筐体左はVGA、HDMI、USB2.0、LAN、マイク入力&ヘッドフォン出力のコンボで、 右はカードリーダー、PoweredUSB、USB2.0、電源コネクターが並んでいます。
前面・背面には何も搭載されていません。
インターフェースは普通に必要なものはあるという感じです。
ただ、このサイズのXシリーズにHDMIがあるのは魅力だと思う方もいるかもしれません。 (X1はHDMI搭載、X220は非搭載)
このページのトップへ
X121eキーボードは・・
最初にも書きましたが、X121eのキーボードはアイソレートキーボード。 そしてクリックパッドを搭載しています。
幾ら操作性を考えて作られているといっても、このタイプのタッチパッドは苦手です。 ですが、ThinkPadにはトラックポイントなどがあるので、特に問題にはならないと思います。
このページのトップへ

Thinkpad X121e AMDモデルの構成とパフォーマンスは?

今回登場したX121eにはAMDのFusionプロセッサ搭載モデルと、インテルの第2世代Core iを搭載したモデル、 2種のプラットフォームを採用したマシンがラインアップされています。
AMDモデルは下位のC-50と上位の E-350 を搭載したモデル、 そしてインテルCPU搭載モデルは下位のPentium 957と、上位のCore i3-2357Mを搭載したモデルの2種。
価格はAMDの下位モデルが4万円台からと、かなり安価です。
といっても、当初は3万円台のモデルが提供されていたのですが、
現在は提供されていません。
その理由として、3万円台のモデルには3セルのバッテリーが搭載されていたのですが、 3セルのバッテリーだと、もっても3時間半程度のバッテリー持続時間ですので、 購入時のカスタマイズで6セルに変更される方が多かったようで・・
そういった経緯で現在は3セルのモデルはなくなり、6セルバッテリーが標準となりました。 なので、価格がその分上昇しています。
このページのトップへ
価格はさておき、パフォーマンスについてですが、
以下に掲載しているものは海外版のモデル。
日本のAMD E-350搭載モデルと内容はそう大きく変わることはないですが、 細部(搭載バッテリーなど)で異なる部分があるかもしれません。
X121eの内容
AMD E-350(1.6GHz)搭載、メモリは2GB、ストレージは容量は不明ですが、 250GB、若しくは350GBのHDDを搭載しています。
グラフィックスは、E-350内蔵のRadeon HD 6310となっており、 前世代のAMDプロセッサよりもグラフィック性能が強化されています。
このページのトップへ
このモデルのエクスペリエンスインデックスは・・
エクスペリエンスインデックス

プロセッサ: 3.8
メモリ: 5.5
グラフィックス: 4.2
ゲーム用グラフィックス: 5.6
プライマリハードディスク: 5.9
上記のようなスコアとなります。
プロセッサの3.8が、最も低いスコアとなりました。
そのスコアに比べ、やはりグラフィックス関連のスコアは高めです。
実際のパフォーマンスの方はというと、 ネットや文書作成他、普段普通に行なう作業であれば特にストレスを感じる事もなく操作が可能です。
重い作業はやはり動作が遅くなる事もありますが、 この構成のモデルの価格が現在大体5万円半ばだという事を考えると、パフォーマンスはかなり良いのではと思います。
SSDオプション等も用意されていますので、 ストレージをSSDに変更するだけでもかなり快適に使えるようになるのではないでしょうか。
このページのトップへ

Thinkpad X121e 人気も納得の内容

11.6型(1366 x 768)と携帯性が高く、かつThinkPadの操作性や堅牢性を備え、 そしてパフォーマンスもバッテリー持続時間(※)にも不足がないと考えると、 何故このモデルの人気が高いのかが良くわかります。(かなり人気があるようです)
※6セルだと7時間程度の駆動時間
正直、コストをかなり抑えたモデルという事で、
細かい部分に関しては、従来のThinkPadと同じではありません。
ですが、ThinkPadとして出す以上はそれなりのレベルの品質は維持していると思われます。
このX121eの価格で、そういった特徴(ThinkPadならではの)のモデルを購入できることを思うと、 コストパフォーマンスはかなり良いといえるでしょう。
自分的に、11.6型のモデルにしては重量が重め(6セルで約1.55kg)であるのが残念ですが、 ちょっとした携帯時用のサブノートとしては、手頃な価格でそれなりに高い性能を持った使いやすいマシンだと思います。
・・ちなみに毎回記載していますが、クーポンを使えば製品価格が更に割引となりますので、 購入を検討されている方は割引率の高いクーポン発行時がお勧めです。
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2011.08.08 Monday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/789
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.