レッツノートの新製品 レッツノート SX1を見てきました

2012年1月25日、レッツノートの新しいシリーズである「レッツノート SX1」などの春モデル新製品を見てきました。
このSX1は、レッツノートSシリーズの後継となるマシンで、 12.1インチの液晶や光学ドライブを搭載します。
製品のそのようなコンセプトは変わっていませんが、 今回の春モデルでは名称が変わると共に筺体のデザインや厚みが変化しており、 よりモバイルノートとして便利な製品へと進化しました。
というわけで、写真や製品に触れて思った事などを簡単に掲載したいと思います。
公式サイトの製品情報 → レッツノート SX1の詳細


SX1 外観や性能など


トップパネル

左側面の様子

右側面の様子

前面

背面
トップパネルは上の写真だけを見ていると旧モデルとの違いがわかり難いのですが、 ボンネットの凹凸が従来よりも浅くなっています。
高さが減っているという事は液晶の側の厚みも減っていると言う事で、 それに加えて本体側もかなり薄くする事で、トータルして11.2mmもの薄型化を実現。 (筺体の厚みが25.4mmになりました)
確かに前のモデルが見た目にも厚かった事を考えると、かなり薄いです。 骨太なイメージがあったのですが、今回のモデルで印象が大きく変わりました。
キーボードも大きく変化しています。
以前はスクエア型のキーボードを採用していましたが、 SX1ではリーフ型のキーボードを採用。
これは2010年に登場した10.1インチのJシリーズと同じキーボードで、 キーが葉っぱの形をかたどっています。 このように角を丸くすることで、指や爪の引っかかりを減らす効果があるそうです。
ちなみにJシリーズと同じ型のキーボードといっても、 キーの配列などはJとSXでは異なります。
SXはFnキーが通常の左側に加えて右側にも配置されており、 Fnキーによるショートカットキーの操作を片手で行う事が出来るようになっています。
このSXにはBackspaceキーにCtrl+Alt+Deleteキーの操作が割り当てられており、 Fnキーとの組み合わせで動作させる事が出来ますが、その操作も片手で行う事が出来ます。
画面は12.1インチワイドHD+(1600×900)液晶(ノングレア)を搭載。
12.1インチで1600×900はかなり高解像度です。
私的には解像度は高めが好みですが、細かい文字が苦手な方にはこの解像度は高過ぎるかもしれません。
ただ、今回このように変えたということは、もしかするとそのようなニーズがあったのかもしれないと思います。
SX1には、標準でACアダプター2つとバッテリー2つが付属するモデルが用意されています。
ACアダプターは通常タイプのものと、やや軽量なミニタイプのアダプター、 そしてバッテリーはS(4セル)とL(8セル)が付属します。

今回掲載しているSX1の構成は・・
【レッツノート SX1 HDD 500GB搭載モデルの構成】

OS:  Windows 7 Professional SP1 64bit版
CPU:  Core i5-2540M vPro(2.60GHz/TB時最大3.30GHz)
チップセット:  QM67
メモリ:  4GB
HD:  500GB HDD
グラフィックス:  HDグラフィックス3000(内蔵)
ディスプレイ:  12.1型HD+(1600×900)ノングレア液晶
無線機能:  Centrino Advanced-N+WiMAX 6250
Bluetooth:  Bluetooth v2.1 + EDR
バッテリー:  バッテリーパックS・L(駆動時間はSが約8時間、Lが約16時間)
サイズ:  バッテリーS装着時:295×197.5×25.4〜31.5(W×D×H/mm)
本体質量:  バッテリーS装着時:約1.18kg

HDD 500GBを搭載した量販店向けのモデルで、価格は20万円前後。
他、128GBのSSDを搭載したモデルや、HDD 250GBを搭載したvPro非対応モデルも提供されています。
直販モデルでは、HDD 640GBのモデルや256GBのSSDモデルなども用意されており、 価格は187,950円から。
いずれも安価ではありませんが、 製品の内容(スペック構成もそれ以外も)はビジネスモデルとしてしっかりしていると思います。
私的には、カスタマイズが可能で保証内容が良い直販のモデルがお勧め。 直販はクーポンも利用できるので、ややお得です。

Windows エクスペリエンスインデックス
プロセッサ: 7.1
メモリ: 5.9
グラフィックス: 4.4
ゲーム用グラフィックス: 6.1
プライマリハードディスク: 5.9
性能は上記のような感じで、 ビジネス用途のモデルとしては申しぶんないと思います。
より高速な処理を望むのであれば、SSDを搭載したモデルの選択肢もあります。
その分価格は高くなりますが、
長く使う事を考えればそれなりの価値はあります。
逆に、頻繁に製品を買い換えたいというユーザーにはレッツノートは向かないと思います。

総評としては、従来のSシリーズの良い所(堅牢性など)は失われず、 よりコンパクト・高性能に、また操作性なども向上させるなど、 細かい部分まで考えられた良いモデルだと感じます。
やや高価ですが、これまでのモデルがそうであったように、
利用者の満足度も総じて高めな製品となるのではないでしょうか。
公式サイトの製品情報 → レッツノート SX1の詳細
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2012.02.04 Saturday | パナソニック | comments(0) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/798
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.