ThinkPad X230 を購入しました 増設や環境の構築を行う

また長い間放置してしまいました。
少し前にThinkPad X230を購入したので、久々に更新です。

ThinkPad X230
外観とかパフォーマンスなどについて述べられているサイトは他にも沢山あるので、 そういった基本的な事には適当に触れるとして、 ここでは短期の利用ではわかりにくい製品の使用感や、最初に行った増設や環境の構築などについて書いてみたいと思います。
掲載製品の情報: ThinkPad X230 の製品ページ


ThinkPad X230の外観とその使用感

まず簡単に外観の写真と解説をします。
外観のデザインはX220と殆ど変わっていません。

左側面

右側面
左側面の内容はUSB3.0にVGA、ミニディスプレイポート、USB3.0、無線LANのオンオフで、 右側面はメディアカードスロットにPowered USB、LAN、ヘッドフォンとマイクのコンボポート、 セキュリティスロットという内容。
電源コネクターは背面、前面には何もなし。
・・という具合に端子類は標準的な内容で、相変わらずHDMIはありません。

X230のキーボード
キーボードは従来のものではなくなり、6列のアイソレーション型キーボードに移行してしまいました。
既にこれまでにもEdgeやX1のアイソレーションキーボードを使っていたので、 それ程使いにくくはないという事は判ってはいたのですが、7列キーボードの使い心地を気に入っていたため、 6列になってしまったことをとても残念に思いました。
が、今現在はすっかり6列に慣れてしまい、7列に戻って欲しいなどという事はあまり思わず。
一点だけ、最上段のファンクションキーが横一列に隙間無く並べられている部分は改善の余地ありと感じます。 隙間無く並べてられていると、手で触れただけではどのキーがどのキーなのか区別が付かず、打鍵ミスを起こしやすいです。
ただ、最近登場したThinkPad X1 Carbonはファンクションキーの部分に適度なスペースが入っているみたいなので、 今後出る機種も全てそうなっているのかもしれません。ここは対応が早いと感じます。
タッチパッドに関してはクリックボタンが一体となっており、使い難いです。
X230で始まったものではないですが(X220からそうだった)、自分はボタン分離型のタッチパッドの方が使いやすいです。
とはいってもトラックポイントを使う方は気にしないでしょうし、自分はトラックポイントは苦手なものの、ほぼマウスを利用するので余り気にしていません。


ThinkPad X230 メンテナンス性

メンテナンス性はこれまでのモデルと同様、良いです。

X230の底面

側面のHDDベイ
底面にメモリスロット、側面にHDDベイが搭載されています。
その他の部品に関しては、パームレストやキーボードをはずす必要がありますが、難しいものではありません。
パームレストとキーボードを開いたところ。
CPU等にアクセスするにはもう少し分解する必要があります。 CPUを換える事はあまりないとは思いますが・・


ThinkPad X230の購入時の構成と後から増設を行った部分

今回、性能に関わる部分に関してはほぼ最小の構成内容でX230を購入しました。
カスタマイズは液晶をIPSにしたところとBluetoothを追加したところ、バッテリーを4セルから6セルにしたところ、 そして320GB HDDを5400rpmのものから7200rpmのものへアップグレード。
少し前に購入したものなので、現時点で売られているものとは若干構成が異なるかもしれません。
CPU   Core i5-3210M(最大3.1GHz)
メモリ   4GB(4GB×1)
HDD   320GB HDD(7200rpm)
液晶   12.5型ワイドHD非光沢(1,366×768 300nit IPS)3x3
バッテリー   6セル
価格はクーポン利用で¥106,680
ここに、後から自分で購入したパーツ等の価格も加わります。
Edgeなどに比べると少し高く感じますが、長く使う予定のモデルなのでトータルで考えるとコスパは悪くはないと思います。
なお、今回自分で行ったカスタマイズはメモリを16GBにした部分、あとmSATA対応のSSDを追加。
X230ではキャッシュ用の32GB SSDをカスタマイズで追加できるようになっているのですが、 そのmSATA用スロットに128GB SSDを増設し、キャッシュ用としてではなく起動ドライブとして利用するようにしました。
ちなみにHDDベイはSATA3に対応しているため、6Gbps対応のSSDを載せると非常に高速な速度が出るのですが、 今回SSDを追加したmSATAスロットはSATA2対応。
なので、6Gbps対応のSSDを載せたところで、速度は最大3Gbpsまでしか出す事ができません。
素直にHDDベイに6Gbps対応のSSDを載せればよいのですが、HDDとSSDの2ドライブ構成にしたかったため、 SSDはmSATA用のスロットに入れることにしました。それでもHDDとは比べ物にならないくらい早いです。

mSATA用の128GB SSD

スロットに装着。装着するためのネジは本体の方に付いていました。
パームレストとキーボードを外し、Mini PCI ExpressスロットにmSATA用のSSDを取り付けます。 この作業自体は簡単です。
ただこのSSDを起動ドライブにするために、リカバリディスクを作成し、 OSのインストールをしなおさなくてはならなかったのが少し面倒くさい作業でした。

SSDを増設した後は、一応マシンを起動させてSSDが認識されているかを確認。
その後は予め作成しておいたリカバリディスクを使用し、SSDにOSをインストール(復元)します。

SSDにWindows 7の環境を復元
SSDへOSをインストールする際、HDDは抜いておきます。
HDDをマシン内に入れたままリカバリーをかけようとすると、プログラムはHDDの方に環境を復元しようとするため、 上記画面でSSDを選択する事自体が出来ません(HDDしか選択できない)。
なので、HDDを抜いた状態でリカバリーをかけます。
なお、この時点ではまだHDDの内容は消さない方が良いです。
(SSDへの環境復元が失敗してしまう可能性もあるため)

リカバリー完了
リカバリー完了後は普通にWindows 7のセットアップを行います。
セットアップ完了後、正常に環境が復元されたのが確認できたら、今度は元々付いていたHDDを入れてフォーマットを行います。

Boot Option
HDDをHDDベイに戻した後、Boot Optionで起動順を変更しておきます。
(SSDが先に起動するようにする)
起動後は、HDDをフォーマットします。
最終的に、このようなドライブ構成となりました。
Cドライブの容量が余り多くは無いので、Tempフォルダ(一時的にファイルが保存されるフォルダ)などを Dドライブに移動するなど最適な環境を作り上げます。

メモリ16GB
最後になりましたが、メモリを16GBに増設します。
SSD追加よりも先にメモリを増設しなかったのは、メモリの相性等で稀にシステムが安定しない場合があるからです。
メモリをスロットに追加後、マシン上でメモリが正常に認識されているのを確認できたら作業は終了です。

1記事で簡単に書き上げる予定だったのですが、
思ったよりも長くなってしまったので実際の性能面等については次の記事に続きます。
次記事は間をおいたりせず、できるだけ早く更新するようにします。
次記事→ X230のパーツ増設・換装が完了 前後の性能を比較してみる
サイト上の情報利用により生じた損害等には一切責任を持ちません
2012.09.05 Wednesday | Lenovo 【製品レビュー&記事】 | comments(1) | trackbacks(0) | 記事URL
▲PAGETOP
同カテゴリーの記事 最新5件
Comment:
2013/03/28 6:05 PM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
Add a comment:











※コメントは管理者が承認後表示されます。
Trackback:
http://shop.denkaseihin.com/trackback/811
※記事と関連性が低い等、管理人が不適当と判断したものについては削除させて頂きます。
新着記事
CATEGORY
まめ知識
COMMENT
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    denkaseihin (04/15)
  • 巨大なサイズのファイルも一瞬で削除出来るコマンド del
    原田 (04/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    ヨーイチ (09/18)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    denkaseihin (09/14)
  • HPの h8-1080jpレビュー 内蔵GPU〜GTX580まで可のSandy Bridge搭載マシン
    MN (09/13)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    denkaseihin (10/28)
  • Firefoxでcookieが保存されないという現象が発生したら
    KEKE (10/27)
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RSS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINK

Copyright © 2005 - denkaseihin. All Rights Reserved.